うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
あの頃の未来
オムニ1988年3月号
オムニ1988年3月号を手に入れた(煙草臭っ)

 かつて宇宙旅行が副賞のコンテストがあった。
 「オムニ・スペース・グランプリ」という。
 振り返れば、世の中はバブル景気に浮足立っていたんだけど、当事者は、そんな気分ではなかったんだと思う。
 私は、地方都市に住む一介の高校生に過ぎなかったし。

 1987年夏に企画が発表された。
 5年に渡って、文学や芸術等のコンテストを行い、最優秀者には宇宙旅行がプレゼントされることになっていた。
 ロケットは、アメリカのソサエティ・エクスペディション社が、1993年1月3日に打ち上げることになっていた。(定員20名のフェニックスE号)
 ちなみに、ペプシの宇宙旅行プレゼント企画は1998年のことだ。

 余談はさておき。
 1988年に、短編小説の優秀賞(賞金30万円と宇宙旅行の候補になれる権利)が発表され、その掲載号が、上記写真のオムニである。
 定価は720円で、消費税は存在しない。

 短編小説の内容は「月面で花火を打ち上げる」というもので、その部分だけが、ずっと記憶に残っていて、気になっていた。
 ちょとしたきっかけで、ネット検索し、古書店で360円+送料300円であるのを見つけた。
 発注したら、「在庫なかったですゴメンナサイ。でも傷んだのならあるので100円でいかがですか?」と、返事を貰った。
 買いましたとも。(送料含めて400円)

掲載ページ
結果発表掲載ページ

 短編小説の方は、大して面白くなかったし、作者を検索してみても、その後の消息は不明。(ペンネームだったかも知れないし、出版社のデッチアゲだったのかも知れないし)

 それ以上に、2017年から見た1988年の科学雑誌が面白い。
 記事中の「64年度には」という表現が泣かせるし(昭和64年は新年早々平成元年になる)、東芝のコードレス電話の新製品が10万円くらいするし(前年に規制緩和がされて100m届くようになった)、シングルCDは規格が出来たところで、DATは策定中。
 もちろんインターネットは存在しないし、スマホに至っては、SF小説にすら出てこない。

 1988年の科学雑誌に続く未来が、この2017年なのが、意外な感じがしてしまう。

 すごいと思ったのが、広告のコピー。
 広告には、必ずガツンとくるコピーが載っている。

 ビクターのビデオデッキ「キレイ事だけ見ていたい。
 ミノルタのα-9000「光が歓声をあげる。
 MARTINIを輸入していた商社「イタリアびいきの食生活
 パーカー万年筆「祖父も、父も、パーカーで過ごした年齢(「とき」とルビ)があった。」「アメリカの伝統を贈る。パーカーを贈る。
 大林組「技術は社会へ還る
 旺文社の辞書の広告「ことばを知って、フランスをもっと好きになりました。

 などなどなど。
 いやもう、全部書き出したくなりますね。
 デザインが、ちゃんとデザインされているって感じです。

 あの頃の未来に僕らは立っていないのかな。

2019年7月20日の広告
この広告の本も読んだけど内容忘れた

裏表紙のシーマ
裏表紙はCGじゃないシーマと自信に満ちたコピー


| できごと | 14:49 | comments(0) | -
鳥撮は、150-500mmから始まった
150-500mm
K-5+SIGMA 150-500mm、2xテレコン

 今でこそ、鳥撮にどっぷりハマっていますが、もともとは対象外でしたし、撮り初めたのは現在の住所に引っ越してきてからなのでありました。
 それまでは、趣味としての撮影対象は、都市と人(時々離島)がメイン。今なら職質受けまくりでタイーホも!?
 広角レンズ(時には魚眼)を多用し、望遠系は、飛行機か、サーキット走行会時の友人の車か、ブームだったF1レース撮影くらいのものでした。

 きっかけは、散歩していて、家族が鳥の名前をあまりにも知らなかったこと。
 田舎育ちですから、そこいらに居る基本的な鳥(スズメ、ハト、モズ、ヒヨドリ、ムクドリ、シジュウカラ、ツグミ、セキレイ系、サギ系、などなど)は、普通に判別できたのですが、オクサンを含めて判らないひとって結構居るのね。
 エラソーに言っても、撮り初めるまで、私もコゲラ、エナガ、ヤマガラとか判らなかったけどね。

 で、散歩のお供に買ったのが、SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM。
 2011年1月のことでした。

体力勝負レンズ(150-500mm)買いました
http://akirak.ipm.jp/?eid=1326510

 直後に、中古で2xコンバーターも買ってます。

ふたつの受難
http://akirak.ipm.jp/?eid=1326516

 当初は、PENTAX K10Dを使っていましたが、故障で修理に出したタイミングで、K-5を購入。(2011年7月)

K-5と100マクロ買いました
http://akirak.ipm.jp/?eid=1326606

 K-5+150-500mmは、鳥撮の楽しさを堪能できる組み合わせです。
 2014年6月にGH4を買ってからは出番が激減したんだけど、GH4なんて、購入直後にボロクソ書いてるもんなぁ。

パナソニックのデジイチ購入パートツー
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327108

 前置きが長くなってしまいました。

 撮影の楽しさとは何か、と、ふと考えて、GH4+100-400mmより、K-5+150-500mmだよな、と、思い当たり、シーズン終盤に差し掛かりつつある、私の定番ロングお散歩コース(清瀬市の金山緑地公園へバスで行って徒歩で帰る)へ、K-5セットで行ってきました。もちろん、ポケットに2xコンバーターを忍ばせて。
 そのコースをK-5セットで歩いたのは初めてです。(重いからね)
 午後は天気が悪くなる予報だったので、いつもより一時間くらい早く出発。(9:04発のバスに乗った)

 結果。。。。。。

 確かに、最初は楽しい。
 GH4セットより、撮ってる感アリアリだし、結果もついてくる。
 ただし、だんだんつらくなってきます。
 やはり、重いんです。

 とはいえ、機材に対して腹を立てることはなかったです。(もっと連写できて欲しいけど)
 普通に飛んでいる鳥を狙えるし。
 GH4セットだと、腹立つことばかりで、ブン投げたくなること多々なんですけどね。

 お遊びですから、目的に合わせてアレコレ選んで楽しめばいいってことなんでしょうが。

 例によって、RAWより現像ノートリ撮影順です。(MFオンリー)
 詳しくはExif情報を見て下さい。(ブラウザにプラグイン入れると便利です)

メジロ
メジロ 花粉まみれ

シロハラ
シロハラ MFじゃないと撮影不可能なカット

ヒヨドリ
ヒヨドリ 「なんですか〜?」

アオジ
アオジ 普通のメス

シベリアアオジ
シベリアアオジ オス

シベリアアオジっぽい
シベリアアオジ の、メスだったらいいな

 シベリアアオジは、昨年に続いて現れたそうです。
 たまたま居たオッチャンに聞かなかったら判りませんでした。
 メスかも、というのは、この個体だけがオスと一緒に居て(他は追い払ったそうな)、オスが追いかけているような感じだったので、オッチャンが「シベリアアオジのメスかもな」と言っていました。
 2匹がワンカットに収まった写真もあります。

シジュウカラ
シジュウカラ 顔横切っちゃっているけど質感いいな、と

タシギ
タシギ 2x入れたんだけど(Exif情報変だな)感度上げてもブレブレばかりでした

タシギ
タシギ こんなに突っ込むんだぜぃ

ツグミ
ツグミ おなじポーズばかりだな

セグロセキレイ
セグロセキレイ 思ったよりピンアマでした

ハクセキレイ
ハクセキレイ これもピンきていないな

ジョウビタキ
ジョウビタキ 護岸工事を見つめていました

イソシギ
イソシギ 「呼んだ?」

セグロセキレイ
セグロセキレイ ピンはきたけどセンターにない

セグロセキレイ
セグロセキレイ これもね(背景は工事のための濁流だし)

アオサギ
アオサギ 「獲ったど〜」

アオサギ
アオサギ うーむ、センターにないな

コサギ
コサギ 寄り過ぎ

ハクセキレイ
ハクセキレイ ブレちゃった

ハシボソカラス
ハシボソカラス ここでは初かも(収まっていないし)

 もう、この辺で、かなり重さに打ちのめされてます。
 ハシボソカラスは、動きのない前からのカットもあります。
 花粉で、目がショボショボだし。

アトリ
アトリ 真正面カットって、あまり公開する人居ないと思って

コゲラ
コゲラ 首の角度すごい

コゲラ
コゲラ 飛ぶと予測して連写しても

コゲラ
コゲラ K-5の連写能力では次のカットがコレに

カワセミ
カワセミ ビオトープにいつも居るヤツ

モズ
モズ 2匹居ると思ったら

モズ
モズ オスとメスでした(さて、どちらがオスでしょうか)

コサギ
コサギ 遠いと収まるけど面白みないね

| 撮影&天体観察 | 15:53 | comments(0) | -
ピザとアスクルとスポーツカイト
ピザ屋
アスクルの煙も微妙に写ってます

 昨年秋に埼玉県三芳町にオープンした本格ピザ屋へ家族で行ってきました。(車で20分くらい)
 かーちゃんの休みに合わせて前から決まっていた予定で、決して燃えているアスクル倉庫を見に行ったわけではありません。(笑)

アスクル倉庫
裏庭の農地からアスクル倉庫が良く見えました

ピザ屋の窓から
煙が見える特等席じゃん

サツマイモ入りピザ
農家併設(いも街道沿いだし)だけあって冠商品がサツマイモ入り(他に2種食べた)


 食後の腹ごなしに、チビチビと凧揚げ。
 コントロール出来るタイプのは、難しいけど楽しいね。

凧揚げ

| たべもの | 15:33 | comments(0) | -
伊佐沼グレー
イソシギ
イソシギ クチバシをそこまで泥に突っ込むとは

 仕事帰りに、伊佐沼にチラと寄ってきた。
 そんなに撮れていないから上げないつもりだったのだが、Facebookに一枚だけアップしたのがフルサイズで載らなかったので、やっぱり更新します。(笑)

 気になったのは、ユリカモメたちが奪い合っていたフィルム。
 気の毒だよねぇ。

 てことで、GH4+100-400mmRAW現像ノートリ撮影順。

ハクセキレイとコチドリ
ハクセキレイとコチドリ 望遠レンズ効果でコチドリが小さく見えるね

コガモ
コガモ のメスだと思う

イソシギ
イソシギのバトル

ユリカモメ
ユリカモメ ちら見して

ユリカモメ
ユリカモメ キャッチ

ユリカモメ
ユリカモメ 俺によこせよ

ユリカモメ
ユリカモメ やだよ

ユリカモメ
ユリカモメ 我関せず

| 撮影&天体観察 | 20:07 | comments(0) | -
GH4を再検証すべく散歩鳥撮
コサギ
コサギ 魚ちゃうやんけ

 恒例、午後の御近所鳥撮。

 GH5を狙いつつも、静止画用として買うつもりなので(動画機としてはGH4に不満ないからね)、G8の情報もチェック。
 AFはGH5と同等っぽいんだけど、連写機能が弱いのか。
 AFC(動体予測AF)が、GH5の9コマ/秒に対して、G8は6コマ/秒。手持ちのGH4は、7コマ/秒だそうだけど、購入直後に駄目出しして、以来、使っていなかった。
 てことで、本日改めて検証。
 結果、やはり駄目駄目っすね。

 ところで、G8のWeb情報で、「9コマ/秒 高速連写」の項目の表に「[M]中速 約6コマ/秒 ライブビュー あり」ってのがある。
 これなんだ?
 それより高速シャッターだと、「ライブビュー なし」となる。
 GH4やGH5の情報にはないんだよなぁ。
 もしかして、夢の「ファインダーブラックアウト無し」撮影が可能とか!?

DMC-G8 特長 機動性/高速性能
http://panasonic.jp/dc/g_series/g8/mobility.html

 妄想はさておき、今日の結果です。
 今日は、オバチャーンどもに一時間以上時間をとられちゃったんだけどね。(いや、別にいいんですけどね)

 GH4+100-400mmRAWより現像ノートリ撮影順。

(2017.2.16追記)
「ライブビュー あり」ってのは、撮影時ブラックアウトと何の関係もなかったです。GH4にも設定ありました。(嘆)

コゲラ
コゲラ

アオゲラ
アオゲラ

シロハラ
シロハラ

メジロ
メジロ

モズ
モズ

ウグイス
ウグイス
 目元の産毛わかるかな?

ウグイス
ウグイス 色々撮らせてくれる

ウグイス
ウグイス フレンドリーな個体でした

| 撮影&天体観察 | 16:03 | comments(0) | -

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS