うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
雨天なのでオッサンの望遠レンズについての戯言
150-500mm
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG HSMとテレコン2本

 オッサンの昔話です。

 今でこそ、望遠レンズで鳥撮っていたりしますが、その昔は、趣味撮で望遠レンズといえば飛行機撮でした。
 たまにはポートレートも撮ったけどね。
 というのも、当時、一般ピープルが手に入れられる望遠レンズは、せいぜい200mmまでで、ポートレートレンズとしても有効だったのだ。
 サンニッパと呼ばれる300mmF2.8レンズも流行っていたけれど、とても高価だったし、サンニッパでウエストレベルのポートレートを撮ろうとすると、叫ばないとモデルまで声が届かない。普通に声が届く所まで近付くと被写界深度浅すぎて絞ることになり、F2.8意味ねー、ってなるしね。

 飛行機だと200mmでは足りず、テレコンを使ったりする。
 たいていリアコンバーターで、1.4xだったり、2xだったり。
 テレコン使うとファインダー像が暗くなるので、ピント合わせが難しくなる。(基本的にAFは無理)

 80-200mmF2.8クラスのレンズは、フィルム時代の末期に大ブームがあり、シグマ、トキナー、ニコン、ペンタックスと、色々買って使った。
 最も印象深かったのがペンタックスのパワーズーム付きのレンズで、レンズにボタンがついており、ズームポジションをプリセット(ボタンを押すと予めセットしておいた焦点距離にズーム域が移動する)できたのが、めっちゃ便利だった。AF-MFの切り替えが、ピントリングを前後に動かしてクラッチを入れる感じでわかりやすく(そういうレンズは今でもあるよね)、しかもMFでの挙動が確実で使いやすかった。
 キヤノンが超音波モーターで「フルタイムマニュアル」なんてやっていたけど、初動にもたつきを感じて今ひとつだったんだよなぁ。結局スイッチで切り替えるわけで、その点、レンズから手を離さずに切替できるピントリングクラッチ方式は優秀だった。

 モーター方式のピントリングについては、今使っているパナライカのの100-400mmは、20年前のキヤノンのレベルにも遠く及ばないくらいクソなのが悲しい。
 いやもう、この部分がキヤノンやシグマのHSMレンズ並だったら、こんなに悩まないのよ。
 シグマのモーター式ピントリングといえば、売りに出している150mmマクロがそうだったんだけど、マクロなピント合わせにも対応するくらい優秀で、パナソニックよ、頼むからシグマに作ってもらえ、って思うよまったく。

 フィルム時代の昔話から、デジタル時代に話が飛ぶんだけど、最近の到達点としては、K-5+シグマ150-500mmってのがある。
 ほとんど不満がない。(ピントリングとズームリングが逆位置だったもっと良かった、とは思う)
 飛行機撮での最後の出撃は、これ。(写真の比率がm4/3だと4:3、APS-Cだと3:2なんだよなぁ)

入間航空祭2015(2015.11.3)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327379

 撮影はオールMF。
 公開している以外にも色々撮っているんだけど、未だに、このレベルに達していないと思う。
 昨今は、m4/3のG8にパナライカの100-400mmなんだけど、イライラしながら撮ってるもん。

 機材の入れ替えは、機材の重さに人間が耐えられなくなったから。
 目も弱ってきたから、可能ならAFで、というのもあった。

 鳥撮で、最後に振り回したのはこれか。(これ以降も数回近所御散歩撮には持ち出しているけど)

鳥撮は、150-500mmから始まった(2017.2.22)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327642

 なんか、疲れながらも楽しく撮っている感じがするなぁ。
 飛びモノについては、パナより撮れているし。
 と、いうか、もっと遡っても、飛んでる鳥については、150-500mmの頃は普通に撮っているのに、パナになってから殆ど撮れていない。

 ちょっと昔の望遠レンズで飛行機撮影の話に戻って、テレコンの追加話。

 テレコン(リアコンバーター)って、必要だと思ったらすぐ買え、てのがある。
 カメラレンズ全般に言えることかも知れないけどね。
 買おうとすると生産中止、なんてことがあるからね。

 上の写真に写っているテレコンは、2個とも生産終了モノです。(何れもペンタックス用)
 左が、「KENKO Pz-AF 1.5X TELEPLUS SHQ」という商品で、電源供給端子がついている(矢印の先)ので、HSMレンズもAFも使えます。
 150-500mmでもAFが使えます。
 たまぁに、阿呆みたいに安く(1,000円以下だったりすることも)ヤフオクに出ることもあるので、狙い目かも。

 右のはシグマの2xリアコンで、電源供給端子がない。
 親レンズが、後玉引っ込んでいるレンズじゃないと不可なので、使えるレンズが限定されます。

ペンタックス用テレコンバーター使用上の注意(2008.10.10)
https://www.sigma-photo.co.jp/new/2008/10/10/1302/

 あれ? 150-500mmが対応リストにないんだけど、なんでだ? 問題なく使えていると思うんだけど。(AFもレンズ側のブレ補正も不可だけど)
 150-500mmの発売が、リストが出た以降だからかな。(2008年12月発売)
 でも、150-500mmはHSMレンズだから駄目な筈か。(確かにExif情報は狂う)
 このテレコン、あっという間に生産終了してしまって、市場に出ている数は少ないと思うけど、そもそも需要も少ないよね。

 うわっ、すげー長い雑談になっちゃった。。。。。。そそくさ。

| 撮影&天体観察&顕微鏡 | 11:23 | comments(0) | -
暗くて涼しいけど御散歩撮
キイロスズメバチ
キイロスズメバチ

 明日から雨ってことで、ちょい無理して御散歩。
 雨は夕方からの筈だったのに、帰りは傘をさして、と、なってしまいましたとさ。
 天候もさることながら、チェーンソーの音がすごくて、鳥は皆無なのでありました。
 G8+100-400mmRAWより現像ノートリ撮影順。

UH-1
UH-1

ヒカゲチョウ
ヒカゲチョウ

C-2
C-2
 C-1より静かに飛んでいる気がする

ミナミヒメヒラタアブ
ミナミヒメヒラタアブ 左にウリハム居るね

ベニシジミ
ベニシジミ

ホシホウジャク
ホシホウジャク
 1/160だと電子シャッターっぽさは無いね

| 撮影&天体観察&顕微鏡 | 14:41 | comments(0) | -
肌寒い曇天なので次期虫撮カメラ考察雑談
虫撮セット
これ(GX7+アダプタ+シグマ105mmマクロ)の後継を考察

 写真趣味の悩みが尽きない。
 そりゃまぁ、尽きてしまったら、その趣味を卒業するタイミングなんでしょうけどね。

 先日、虫撮セットを売却した。
 GX7に限界を感じていた、というか、現行虫撮セットに飽きてきた、というのもあり、処分。
 大きな不満はなかったものの、ISO800までしか使えず、暗いと困難だったんだよね。
 鳥撮シーズンに入り、虫撮は来年春までないだろう、てことで、処分したのでした。
 いざとなれば、G8にペンタの100マクロ(軽いけどExif記録されないしオート絞りではない)付ければ良いしね。

 てことで、次期虫撮セットを考えてみる。

 チルトファインダー、チルト液晶モニタにハマっている身としては(というか昆虫マクロ撮影でバリアングル液晶は使いにくくて駄目だ)、現状、GX7MK3一択って気がしないでもない。
 現在、ファインダー付きで、しかもチルトするとなると、それしかないのだ。
 ただし、不思議なもので、外付け方式のミラーレスカメラのファインダーって、チルトするんだよな。(オクサンのGF1ですらね)

GX7MK3
Panasonic LUMIX DC-GX7MK3

 レンズについては、純正マクロだと45mm(換算90mm)で、これは持っているのだが、虫には短かすぎるんだよね。
 なので、レンズ候補としては、LOWAの100mmマクロで、これをマウントアダプタで利用することになるのかな。

LOWA100mm
LAOWA 100mm F2.8 2X Ultra Macro APO

 MFレンズなんだけど、私にとっては、AFは必須じゃないんだよね。
 パナのm4/3機を使っていると、AFに頼れないってのもあるけど。
 腹立つのは、AF今ひとつなのに、MFでの操作性が悪いレンズだよね。
 パナの100-400mm、オマエのことだ!!
 あれで、MFでの操作性がマトモだったら(もしくは飛行機にピントが合ってくれたら)、悩まなくて済むんだけどね。

 望遠ズームの悪口はこのくらいにして(この件は何れ)、虫撮セットの考察。

 虫撮セットは、それ以外に使うことは殆ど考えていないので、メーカー問わずで選んでます。
 例えば、ニコンなら、Z50かな。

Z50
Nikon Z50

 ファインダーがチルトしていたら決まりだったかもなぁ。
 レンズは、アダプタ経由でニコンマウントのマクロレンズが色々選べるしねぇ。
 APS-Cだから、基本的にはm4/3程は大きく撮れないけど、LOWAの100mmマクロだったら2xまでイケるから良いし。

 同クラスのCanonだと、EOS M6 Mark II辺りなんだろうけど(RPはチルトモニタなので却下)、なんでEVF外付け仕様なのにチルトしないねん。
 今回調べて知って絶望したわ。(EFレンズを買う予定なのでCanonは気になっていた)

M6 MK2
EOS M6 Mark II

 FUJIFILMだと、ファインダーのチルトしないX-T30くらいかねぇ。
 候補に上げられるようなボディはないものの、80mmマクロ(換算120mmってことになるのかな)は使ってみたいんだよなぁ。

80mm
FIJINON XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro

 SONYだったら、α6100かα6400でしょうか。予算が許せばα6600。どちらもファインダーはチルトしませんが。
 冷静になれば、現状のベストは6100なんでしょうねぇ。
 と、思いつつ漂っていたら、旧モデルのα6300のパワーズームレンズキットが、価格コム最安7万円切ってるって、どゆこと!?(アマゾンでも72,700円)

6300
α6300 ILCE-6300L パワーズームレンズキット

 LOWAの100mmマクロにはEマウント版もあるし、そのレンズで1.4xや2xのエクステンダーも使えるんだそうで、魅力だなぁ。
 ファインダーがチルトしていたらポチっていたに違いない。
 やばいな。

 あ、オリンパスは、事情により(笑)、全除外。

 番外編として、SIGMA fpについて少し。

fp SIGMA fp

 高すぎる、に、尽きます。
 フルサイズとはいえ、まさかの高価格。
 スチル用としては、電子シャッターのみ、ストロボ同調1/30(14bitだと1/15)、ファインダーなしってことで、風景かマクロ昆虫(しかもストロボ無しで)しか使い道がないのではないかなぁ。
 私は天体望遠鏡に付けて星を撮ることも考えていたんだけど(軽いのは良い)、それにしても値段がねぇ。
 ムービー機としては、フルサイズまでデカくなると、アマチュアではむしろ使いにくいし、プロレベルまでいくと、なんでC4Kモードがないねん、となってしまいます。

 SIGMA、やっちまったな、って感じ。(SIGMAのレンズ一杯持ってるSIGMAファンではあるんだけどね)
 ここから、大化けすることを期待していますよ!(来春までに化けたら買うかもよー・棒読)

 問題は、来春までに、虫撮セット購入意欲を抑えておけるか、だな。

| 撮影&天体観察&顕微鏡 | 12:46 | comments(0) | -
曇っていたけど御散歩撮
CH-47J
CH-47J 電子シャッター1/2000ではローターぐにゃる

 天候も、体調も今ひとつなんだけど、御散歩撮。
 体調については、「散歩くらいは平気」というのを確認するってのにも役立つし。

 G8+100-400mmの、いつもの鳥撮セットなんだけど、オール電子シャッターで撮ってきました。
 GX7(売却しました)で虫撮の場合は、電子シャッター多用だったんだけど、シャッターが小気味好いG8の場合は使っていませんでした。
 11/3の入間航空祭に向けて、色々テストしたいんだよなぁ。電子シャッターによる航空機撮影ってやったことなかったし。(より連写できるから良いかも、とね)
 やはり、回転物はぐにゃったんだけどね。

 それはさておき、本日は、不明が2点。
 鳥はともかく(キビタキのメスという情報いただきました!!)、ゾウムシは、見た途端に「なんじゃこりゃ」だったので、採集すべきだったかなぁ。
 名前知りたいので、よろしくお願い致します。

 てことで、2枚を除いて、RAWより現像ノートリ撮影順です。

アオドウガネ
アオドウガネ

シジュウカラ
シジュウカラ

コフキゾウムシ
コフキゾウムシ
 最短でもこの程度

ツヤアオカメムシ
ツヤアオカメムシ

ホシホウジャク
ホシホウジャク
 1/1000でもぐにゃっていたのでそう見えないコマを選択

不明
不明 ムシクイ系? ウグイスに似てるけど

不明拡大
教えて偉い人!! キビタキのメスという情報いただきました。感謝!!

オオトビサシガメ
オオトビサシガメ

アブラゼミ
アブラゼミ
 出るの遅すぎな気がする

不明2
不明 オオタコゾウムシに似ているけどなぁ

不明拡大2
教えて偉い人!! 拡大してみました

ホシハラビロヘリカメムシ
ホシハラビロヘリカメムシ

TH-480B
TH-480B
 陸自のヘリ。1/3200でももちろんぐにゃる

ベニシジミ
ベニシジミ

オオハナアブ
オオハナアブ

モンシロチョウ
モンシロチョウ
 浮いてる!!

ウラナミシジミ
ウラナミシジミ

モズ
モズ

EC135T3
EC135T3
 共同通信の「はばたき」 1/1600でもちろんぐにゃっ

イオウイロハシリグモ
イオウイロハシリグモ

| 撮影&天体観察&顕微鏡 | 16:07 | comments(0) | -
雨なのでEOS-1nRSの話など
EOS-1nRS
キヤノンのサイトから勝手に転載

 雨で暇なので、なんとなぁあくな呟きを。。。。。

 ことあるごとに、経験した最高のカメラ体験はCanon EOS-1N RS + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMだと言ってきた。
 それは、今も変わっていない。

CanonによるEOS-1N RSの紹介ページ
https://global.canon/ja/c-museum/product/film177.html

 EOS-1nRS(あえてこう書きます)を手に入れたのは、生産が終了したあとで、某写真家経由で「キヤノン販売がEOS-1nRSを売りたがっている」という情報をいただき、最終ロット品の新品を格安で手に入れたのでした。(とはいえ25万はしたと思う)
 当時、メインではNikonのF5を使っていた。
 その前はPENTAXのZ-1pを使っていたのだが、PENTAXが、あまりにも長期に渡って新フラッグシップを出さなかったため、Z-1pからZ-1pへ買い換える事態に陥りかけ、モードラ付きのF3Pを趣味で使っていたこともあってF5を買い、Nikonへ鞍替えしたのだ。
 が、EOS-1nRSに惚れ込み、F5は売却。所有期間が最も短いカメラとなりました。

 シャッターを切ってもファインダー像が消えないって最高。(暗くはなるけどね)
 一眼レフカメラって、正直、欠陥商品だよね。
 撮った瞬間見えないんだもの。(レンジファインダーカメラなら見える)
 馬鹿馬鹿しいことに、この弱点は、今でも殆どのデジカメでも存在するんだよなぁ。(嘆)
 EOS-1nRSは、趣味でも使うようになって、EF100-400mmを購入。
 直線ズームが、すこぶる気持ちいい。
 イキオイに乗って、2xのエクステンダーも買ったのだが、ただでさえ暗いファインダーがさらに暗くなって、場合によっては何だかわからない状況に。
 それでも、撮ってるぜ感覚が素晴らしく、私の中ではプチ伝説。

 とはいえ、死ぬほど重かったけどね。
 EOS-1nRSは、スペック上は1.3kgなんだけど、これはカラ荷の状態。
 単3バッテリー8本とフィルムとストロボ付けたら、首もげそうっすよ。(当時は標準ズームも重かった!)

 めっちゃ気に入っていたEOS-1nRS+100-400mm+2xエクステンダーは、子供が産まれた頃、金に困って売ってしまったのでした。
 PENTAXのデジカメ購入資金に充てたような気がする。(デジイチは当初FUJIFILM製を買い、次にK10DでPENTAXへ戻り、今でもK-5を使っている)

 残しておけば良かったなぁ。。。。。
 特に、直線式ズームの100-400mm。

 趣味でパナソニックのミラーレスを使うようになって、アダプタ経由でCanonの100-400mmを使うことも考えたんだけど、当時は電子的に繋がるマウントアダプタが存在しなくて諦め、パナソニックのm4/3用100-400mmを買ったんだよなぁ。
 それもいいレンズなんだけど(軽いしね)、MFでの使用が困難。

 そんなわけで、Canonの100-400mmには、めっちゃ未練があるんだよなぁ。
 最近は、とてもよいマウントアダプターがあるそうで、大きくココロが揺れているのでございます。

 大きく重いし、実際に使ってみると、たいしたことないかもしれないんだけどね。(思い出補正ってヤツ?)

SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG フォーサーズ用
SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM フォーサーズ用
KENKO TOKINA Reflex 400mm F8 N II


 の3本と、フォーサーズのマウントアダプタをヤフオクに出したことだし(もう新虫撮セットが登場することはないですGX7も売っちゃった)、本気で考えるかなぁ。

 長々雑談失礼しました。

| 撮影&天体観察&顕微鏡 | 14:14 | comments(0) | -

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES