うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
はやばやと、夏のお出掛け計画
フェリーの露天風呂
新造船「あざれあ」露天風呂(Webから勝手に転載)

 うちは、世間の夏休みと微妙にズレるので、それが良かったり、悪かったり。
 今年の前半戦は、7/21〜25の5日間。

 当初は、チビチビ(小4の下の子)のリクエストもあって、新島へ行くつもりでいた。
 2015年に行ったのが良かったらしい。

マイカー新島チャレンジ(2015.7.20-23)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327332

 ただし、オクサンとチビ(小6の上の子)は、「フェリーあぜりあ」でゲロゲロだったので、車と一緒で新島行きは嫌なんだと。
 東海汽船には、午後便になっちゃうけど、46%引きでジェットフォイルに乗れる切符がある。
 ただし、往復が取れる有効期間が4日間。

ホワイトビーチきっぷ・サマービーチきっぷのご案内
http://www.tokaikisen.co.jp/info/info_0000769.html

 てことで、7/21〜24で計画。
 トーチャンだけで、下田から「フェリーあぜりあ」で車を新島へ運ぶ計画だった。
 ところが、潮位の関係で、7/23-27はフェリーで車が運べないとのこと。
 てことは、行きは良いものの、帰れず、トーチャンだけが、少なくとも7/28まで新島滞在の必要があり、なんてステキな! だったんだけど、結局却下となりました。(無念)

 代わって浮上したのが北海道。
 オクサンいわく、「チビたちが小学生で安いのは今年まで」だからだそうだ。

 私が飛行機拒否なので、船です。

 新日本海フェリーの新潟〜小樽便が6/28から新しくなるので、とても魅力。(船好きなもので)

 喧々諤々紆余曲折、結局、こうなりました。

7/21(金)青森まで自走、津軽海峡フェリーで函館入、ペンション素泊
7/22(土)道内観光 無料キャンプ場泊
7/23(日)道内観光 無料キャンプ場泊
7/24(月)道内観光 新日本海フェリー 小樽港 17:00発
7/25(火)新潟港 9:00着 新潟ちょい観光後、帰宅

 過酷だ。
 いつも通りか。
 往復とも小樽便にしないのは、函館夜景をプランに加えたため。
 他に、函館朝市、アイヌ民族博物館、札幌時計台、然別湖、ばんえい十勝、ふらの、旭山動物園、小樽オルゴール堂、新潟市歴史博物館へ行くんだってさ。
 死ぬぞ。(確実に走行距離2,000kmオーバー)

 初日、13:10までに青森のフェリーターミナルへ行く必要があるので(函館夜景に間に合わせるため)、3時出発では遅いのか!?
 新潟経由の日本海ルート採用だし。(770kmあって東北道ルートより50km増しなんだけど、一部一般道や高速道路無料区間があって楽しそう)
 津軽海峡フェリーは、14,800円で家族全員と車も運べてお得です。(数量限定だけど)

津軽海峡フェリー
http://www.tsugarukaikyo.co.jp/plan/umiwaridrive/

 帰りの小樽〜新潟は、一番安いのが取れなかったので、ちょっと贅沢してみました。
 こういう割引があったからなんだけどね。

新日本海フェリー 家族割
http://www.snf.jp/campaign/family.html

 料金の計算が複雑なんだけど、設備の整った(ビジネスホテル同等かな)海側の4人部屋で(ステートルーム)、5m未満の車を含めて家族4人で51,230円でした。
 新造船「あざれあ」の、外に面した露天風呂がめっちゃ楽しみなんですけど!(その昔、ジャグジーあったけど、あれは内側だった)

 夏休み後半戦は、岐阜へ墓参りに行くくらいかなぁ。
 先日、婆さんが102歳で亡くなったので新盆だし。(三宅島に着いた日に電話がかかってきたので葬式に行っていないし)

 体調、整えないとね。

 どうでもいいけど、このスタンプラリー、ハードル高いな。(応募が「冊子ごと郵送のみ」ってのもなぁ)

どうなんxあおもりスタンプラリー
http://www.tsugarukaikyo.co.jp/stamprally/

| レジャー | 14:15 | comments(0) | -
島旅から戻りました
橘丸とレンボーブリッジ
橘丸とレンボーブリッジ

 お陰様で、島旅から無事戻りました。
 リポートは、こちらにまとめてあります。

目指せ青ヶ島!でも三宅・御蔵・八丈も巡りんりん
http://www.ipm.jp/ipmj/doyah/doyah1705/

 上記リポートには出てきませんが、GH4+100-400mmの鳥撮セットと、14mm単焦点レンズも持って行っていて、鳥撮、虫撮、トビウオ撮もしてきました。
 それらは、追々ここに紹介していきます。
 コンデジ動画も沢山撮ってきたので、編集するつもりでいます。
 ユーチューバーみたくね!

| レジャー | 22:45 | comments(0) | -
今夜、旅立ちます
島旅荷物
荷物は、これ(18kg以上ある)プラス、キックスケーター

 今夜、竹芝発の東海汽船「橘丸」で、三宅島へ向かいます。
 ソロです。
 他に、御蔵島、青ヶ島、八丈島を巡る予定。
 道中は、毎日、こっちにアップするので、ぜいぜい見てやって下さいませ。

目指せ青ヶ島!でも三宅・御蔵・八丈も巡りんりん
http://www.ipm.jp/ipmj/doyah/doyah1705/index.html

 この時代、チマチマHTML書きFTP更新ってのも微妙ですが、まぁ、スタイルってことで。

 てことで、今後2週間くらい、もろもろ反応遅れますので御了承くださいませ。(昼間はケータイ繋がると思うけど)

| レジャー | 13:13 | comments(0) | -
BioLiteCampStoveに木質ペレット
木質ペレットテスト
燃焼テスト中(ペレット入れに使う1Lボトルは100均にて)

 5月に予定している徒歩旅に、BioLiteCampStoveを連れて行く予定。
 重くて、中年バックパッカー向きではないのだが、今まで「不要」とさえ思っていた充電機能を欲して連れて行くのだ。
 昨今、あれもこれも大電力を消費する。その昔、カシオペアA-55V(単3乾電池駆動)とPHSを使っていた頃が懐かしいが、あの頃には戻れない。
 盗電は駄目だしね。

 ソーラーパネル(5Wの貧弱なヤツ)は持って行くんだけど、荒天が続いたらどうなる?
 BioLiteCampStoveで、ひたすら焚き火をして充電かねぇ。
 乾いた小枝皆無だったらどうなる?
 ってことで、木質ペレットを持って行くことに。

 ところが、ここでは、木質ペレットを安く手に入れるのが難しい。
「コメリでは10kg税込698円」、だとか、「カインズホームなら税別598円」、なんて情報もあるんだけど、この辺りの店舗では取り扱いがない。
 アウトドアショップでは、少量がアホみたいな値段で売っていたりするんだけど、それはあんまりです。

 木質ペレットは、猫砂としても使われている。
 逆も真なり、てことで、木質ペレット猫砂を買ってきました。
 一応、消臭剤の入っていない(らしい)のが、6Lで645円(税込)でした。(消臭剤入っていてもいいけどね)

 火力はあるし(灯油1Lが木質ペレット2kgに相当するらしい)、楽でいいね。
 ただし、「消す」のは大変。
 試しに、ペレットを300mlくらい燃やしてみたら(カップ麺用の湯は数分で沸いた)、30分以上発電燃焼し、一時間以上たっても完全燃焼終了にはなりませんでした。
 うーむ。
 緊急用のガス器具も必要なのかねぇ。(プリムスのマイクロバーナーだから荷物にならないけどね)

| レジャー | 14:30 | comments(0) | -
お花見カヌー
扇橋閘門へ
扇橋閘門へ

 江東内陸運河は、久々ですなぁ。
 前回ここは、2013年だった気がする。
 この秋から扇橋閘門が耐震工事に入り、平成32年までかかるらしいので、このルートは当分お預けですな。

 チビども二人も同乗するので、狭いので、漕ぐのは私だけ。(艇はヘリオス380です)
 片道4km漕いで、船上で弁当食って帰るだけなのでありました。(写真はガラケーで撮ってトリミング)

オニギリ食べます オニギリ食べるっす

出艇場所
扇橋閘のすぐ近くから出艇しました(左の黒い部分が低くて出しやすい)右奥の2本目がクローバー橋(これはチビがコンデジで撮影)

| レジャー | 18:10 | comments(0) | -
ホットカーペットと共にキャンプ
ケニーズ・ファミリー・ビレッジ
ケニーズ・ファミリー・ビレッジです

 トレーラーを引いてキャンプに行ってきました。
 電源付きサイトを予約し、押し入れに眠っていた3畳のホットカーペットを持参したので、氷点下でも大丈夫でした。
 やることは、だいたいいつもと一緒。
 天体望遠鏡で木星観察をしたのが、いつもと違う程度かな。(木星の衛星4つ見えた)

トレーラー
トレーラーの太陽電池は使いません

釣り
いつものように釣り堀

ニジマス
焼いて食う(全部チビチビが釣った)

カレー作り
メインはチビの作るカレー

カレー
いただきます

凍っていた
朝は、めっちゃ凍ってました

朝ピザ
朝食はトーチャンピザ


 この後、名栗湖近くの「さわらびの湯」でくつろぎ、15時前に自宅到着、お片付け。
 たった一泊でも、片付けはいつも通りで結構大変。
 でもまぁ、近くはいいですね。

| レジャー | 17:30 | comments(0) | -
東京湾で「体験乗船プログラム」
講習乗船艇
乗船艇 全ての写真はGRATINAで撮ってトリミング

 横浜で行われているボートショーの付随イベントとして、いくつかの体験乗船が行われています。
 事前予約制で、今回、「東京湾航海講座」というのを受けてきました。
 一度の受講生は8名。講師が1名で、操舵担当者1名という構成でした。
 10時半開始で、船内で10分くらい講義を受けた後、出港。
 12時近くまで、航路の周辺やら、マリーナ近辺の注意事項やら、釣れるポイントやらを聞きつつ、クルージング。
 海上は奇跡的に穏やかで、なかなか楽しめました。
 4,000円の価値はあったと思う。
 海自のヘリコプター搭載護衛艦が間近に見られただけで大満足です。
 カメラ持っていかなかったのが悔やまれますが。(潮かぶると思ったので)

 ちなみに、一級船舶免許は持っていますが、東京湾で操船したことないです。

 乗ったらさっさと帰ったので、ボートショーへは行かなかったのでありました。

操舵室
操舵エリア もちろん触らせてはもらえない

AIS画面
無線でAIS情報が入るので、いつも見ているネット経由(アプリで見ている)より反応いい

浦賀水道航路ブイ
浦賀水道航路のブイを見てきました

「いずも」と「かが」
「いずも」(手前)と「かが」の2ショットだけで大満足(たまたま揃ってドックに居た)

| レジャー | 18:20 | comments(0) | -
乗り鉄リベンジ
新座〜新松戸
新座〜新松戸

 我孫子駅の「弥生軒の唐揚そばが食べたいなぁ」と、思ったもので、乗り鉄リベンジ。
 前回は通勤ラッシュに見舞われましたが、それを避けるべく、このタイミングでアタック。

 前回のリポートは、こちら。

房総半島一周の旅(今日は「乗り鉄」)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327321

 今回は、チビ(小学5年生)も一緒。

 隣駅までの切符を買って、超大回りで隣駅へ向かうというお遊びです。
 根拠は、これ。

運賃計算の特例
https://www.jreast.co.jp/kippu/1103.html

 一筆書きすれば、キセルにならず、正式に認められている乗り方です。

 ラッシュを避けて、の、はずが、八高線がラッシュ並激混みで焦りました。
 運良く、途中でボックス空いて、座って遅い昼食弁当に有りつけました。

 160円の切符を買って入ったのですが、東所沢を自動改札で出る時に「係員の居る改札へ」と止められました。
 窓口行って、「ぐるりと一周してきました」と言ったら、すんなり出られましたけどね。

 新座駅を8:24に乗り、東所沢へ17:07到着でしたとさ。

 写真は、GX7+14mm、RAWより現像ノートリ、撮影情報はExif見てね。

新松戸〜我孫子
新松戸〜我孫子(車両の後ろ側でした)

弥生軒休みか!?
弥生軒休みか!? 営業している店舗ありました

私は「唐揚そば」、チビは「きつねうどん」
私は「唐揚そば」、チビは「きつねうどん」

我孫子〜
我孫子〜

土浦で車両前方切り離し
土浦で車両前方切り離し

友部〜
友部〜

小山〜
小山〜

高崎〜
高崎〜

八高線内で弁当食った
八高線内で弁当食った

高麗川〜
高麗川〜

拝島〜
拝島〜

西国分寺〜東所沢
西国分寺〜東所沢


| レジャー | 18:22 | comments(0) | -
活動量計着けてダチョウ牧場リベンジ
ダチョウ牧場
100円で餌を買ってあげた

 家から徒歩で、約4km。
 ポケモン狩りながら、チビどもと行ってきました。
 前回は2008年10月だったから、8年振りですなぁ。(もちろんチビどもは覚えていなかった)

 餌を買う時に「怪我は自己責任」と言われるのですが、油断していると、ホントやられそう。
 ワラワラ沢山います。

 他に、犬やらウサギやらと遊べます。(無料)

 ぐるりと散歩して、途中、飯食ったり、そこそこ歩いたつもりだったのですが、1.3万歩でした。
 チビチビが「勝った!」との賜っておりますが、そりゃあ歩幅小さいもんね。
 私がActivité PopでチビチビがUPmove。余っているUP3をチビに勧めたら「いらない」と言われましたとさ。(子供には腕に巻くのは邪魔だよね)

 お天気良くて快適でした。

| レジャー | 16:10 | comments(0) | -
沼津深海水族館へ行ってきました
冷凍シーラカンス
冷凍シーラカンス

 昨日、ひとりで豊橋へ行くついでに行ってきました。
 妙な「ついで」に感じるかも知れませんが、高速道路を使わないので(ツマンナイから急いでいる時しか使わない)、昼飯ついでな感じです。
 道志みちから山中湖へ抜けたんだけど、富士山見えませんでした。道志みちは紅葉でしたが山中湖は終わっていたし。

 ちなみに、水族館へは、港口公園の駐車場が空いていれば無料で良いよん。

 入場料1,600円は、特に高いと感じませんが、深海生物以外は不要だと思いました。
 水槽小さいから、混んでいると良く見られないかも。(平日なのですいていました)

 メンダコ(これをメインで見に行った)が意外に大きくて驚きました。撮影禁止だったのが残念。

 見学後は、水族館の半券を見せると周辺店舗で10%割引になるってことで、シラスまん(値段忘れた)やら、バラチラシ(1,000円)で昼食。
 ひとりで来ると、色々食べられないのが難点ですな。

 ナマモノの土産は色々買いましたよん。
 車に冷蔵庫積んでいると、つい買っちゃうんだよなぁ。(笑)

リュウグウノツカイ
10cmくらいしかない標本(リュウグウノツカイ )なんだけど海洋堂に見えてしまう

しゃべるシーラカンス
顔の部分だけリアプロジェクションになっていて、表情かわって喋って面白い

シーラカンス捕獲カヌー
カヌー、ってことで

巨大ゲジ系
深海関係ないじゃん(古代生物系つながりかな)

オオグソクムシ
キレイすぎて、やっぱり海洋堂っぽい(笑)

メンダコ標本
メンダコは撮影禁止だったので標本を撮影

シラスまん
シラスまんは、やはりちょっと生臭い

バラチラシとポケGo
細々とポケGoやってます


| レジャー | 09:59 | comments(0) | -

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS