うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
カービィまん
カービィまん

 すっかり出遅れましたが、ローソンの「カービィまん」税込198円を食べました。
 21日発売だったんだけど、出遅れ、22日にローソンへ行ったが手に入らず、本日、大都会トーキョーのローソンで買って食べました。
 マキシマムトマト味だそうで、名前はともかく(帰宅後、チビに聞いたら名前の意味が判った)、美味しゅうございました。
 今日から発売な筈の腕時計は売っていなかったんだよなぁ。
 明日も探すかな。

| たべもの | 19:43 | comments(0) | -
ヌードルメーカーその後
蕎麦
蕎麦にはいいと思う(1.6mm角)

 ぼちぼち使ってます。
 10回以上は使ったな。
 色々試行錯誤して、ベストを探っていくタイプの商品ですね。
 買った時のリポート。

投げ売りヌードルメーカー
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327825

 パスタについては、正直、市販の乾麺の方がいいですね。
 生パスタって、微妙。
 生素麺、生稲庭うどんがないように、パスタは一度乾燥させてからの方が美味いと思う。

 あらゆる麺類で、打ち立てと乾麺の差が最も大きいと思うのが日本蕎麦で、これは、確かに手軽に美味いのが食えると思う。
 ただし、そば粉の割合は下げざるを得ず(こねてないからね)、蕎麦粉・強力粉・水が150g+100g+80g、こね6分あたりに落ち着いた。

 豚骨ラーメン用の細麺アダプタも買った。
 絶対使わないであろうペンネのアダプタとセットになっていて、アマゾンで1,836円もしやがった。

HR2425/01
パスタキット(1.3mm細麺+ペンネ) HR2425/01

 アマゾンで、ラーメン用の粉を買い(1kgで864円もする)、スープは既製品だったんだけど、そこそこイケる。
 替え玉し放題。

細麺
豚骨ラーメン用1.3mm麺

 うどんは、まぁ、普通。

 パスタ麺のレシピで味噌ラーメンの麺を作ったら美味いのではないか(つなぎに卵使う麺)、と、やってみた。
 味噌ラーメンは太麺が好きなので、1.6mm平麺にしたのだが、太すぎました。1.6mmって、短辺が1.6mmなのね。茹でると膨らむし。

味噌ラーメンもどき
味噌煮込みうどんではないぞ(スープは市販品)

 こね時間を長くすると、のびにくい麺になるので、鍋のシメ用うどんにいい気がする。
 鍋シメ用のうどんは、普通のだと太すぎるもんね。

 色々遊べるので、まぁ、いい買い物だったかな。

| たべもの | 13:57 | comments(0) | -
投げ売りヌードルメーカー
フィリップス ヌードルメーカー HR2365/01
フィリップス ヌードルメーカー HR2365/01

 某YouTuberのせいで、つい、買ってしまったじゃないですか!
 彼も言っていましたが、6,000円くらいなら、つい、ポチッちゃうよね。

 アマゾンで、5,780円(税送込)でした。
 数年前に発売された時は、3万円くらいしなかったっけか?
 で、手動の玩具が5,000円くらい。

 5,780円ってことで、オトナの玩具ね。

 その昔、発売された時に、「ぜってー売れねー需要ない」と宣言していたのに、結局買っとるやんけ!!(需要あったってことか!?)

 色々作れるようだけど、まずは、ベーシックに「パスタ」。
 だって、洋モノ家電なんだもん。

スパゲティ
「かけるだけ」のミートソースとたらこ

 レシピ通りに、2mmの丸麺でやってみました。
 もちもちしていて、うどんっぽい。いや、手打ち味噌ラーメンの麺か!?
 パスタは細麺が好みなので(をいをい)、好みとしては失敗だったんだけど、まぁ、こんなものかな。
 給食で食べた「ソフトめん」を彷彿させます。

 ネットでの「使ってみた」動画の大半が「うどん」なのは、そういうわけか。(笑)

 麺にならない生地が、それなりに出てしまうし、掃除がちょと面倒だけど、パーツは全て外して洗えるので、基本性能的には良い物だと思います。

 そのうち「へぎそば」にチャレンジしたい。(へぎそばは基本製麺機で作るって聞いたんよ。手打ち皆無ではないみたいだけど)
 あ、銅鍋持っていない。(アマゾンの囁きがっ)
 ヌードルメーカーより銅鍋の方が高いよね。
 格安3Dスキャナを使うために、Winノートを買う羽目になったことを思い出す。。。。。

| たべもの | 13:03 | comments(0) | -
焼き上手さん
焼き上手さん
CB-GHP-1にコンパクトピザオーブンをセット

 先日買ったコンパクトピザオーブンを、カセットコンロ「焼き上手さん」で使っている動画をYoutubeで見た。
 ピザオーブンは、ピザピールのために買ったようなもので、それに合わせてカセットコンロを買うというのは、完全にアカン領域な気もするんだけど、やってみたくなったんだから、仕方がない。

またしても、ピザ釜
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327777

 ヤフオクで「一度使用した中古品」という商品を4,200円で落札。(他に送料が1,210円)

 後継モデル(フタがガラスじゃないけど)が、アマゾンで9,280円(税送込)で買えるのだから、ちょと微妙。
「一度使用した中古品」の割には、プレートサビサビだったし。(プレートだけアマゾンで3,179円で売ってるけど)

 ピザオーブンをプレートの上に乗せるので(Youtube動画で見たような金具はピザオーブンに付属していなかった)、コンロ乗せよりは熱の回り込みが良く、焼きなれたこともあってか、約4分で、うまく焼けました。(予熱は10分くらい)
 鉄板のヘリに、ギリギリのサイズでピザオーブンが載っている状態なので、すべって危ないし、思ったよりもボンベの温度上がったけどね。

 実験としては、まぁ、いいんだけど、実戦投入するかは微妙だなぁ。
 家族は「大量の餃子を一度に焼こう」なんて言っていますが、うちにはカセットコンロだけで4台もあるし、電気ホットプレートもあるな。(笑)

| たべもの | 08:25 | comments(0) | -
パエリアチャレンジ
パエリアもどき
デタラメなレシピだけどね

 キャンプ定番メニューを増やすべく、思いつく。
 昨日は、家のフライパンでやったんだけど、今ひとつでした。
 そもそも、調味料の粉を倍量投入しちゃってるし。(阿呆)

 今日、キャンプ用の鉄板(パエリア用じゃない)に合うフタが届いたので(取っ手が引かかり微妙に浮くけど)、リベンジ。

 そもそも貝が入っていないし(子供が口にするものは貝抜きにしています)、冷凍シーフードミックス(イカとエビ)や、串から外した鶏もも焼鳥が投入されていたりで、相当怪しい。

 スペイン風チャーハンなんでしょ、てことで。(ホンマかいな)

 2回目ということもあり、そこそこ美味くできました。(スペインで食べたことあるけど微妙だったな・笑)
 鍋一個で、火力の調整テキトーでイケるので、今度はフィールドでやってみます。

| たべもの | 13:26 | comments(0) | -
またしても、ピザ釜
尾上製作所 コンパクトピザオーブン ON-1781
ピザピールが使いやすくて良かった

 家でもキャンプでも、トーチャンがピザ担当です。(基本は生地から手作り)

 欲しかったのは、ピザピール。
 先日、某所でBioLite BaseCamp+ピザドームで「買ってきたピザ」(体調不良だったので)を焼いた時に、ピザピールがなくて不便だったのだ。
 ペーパーを敷かないで、ピザ石に直接生地を置いた方が上手く焼けることは、よくわかった。
 が、小さいヘラでは不便。

 アマゾンでピザピールを検索したら、3千円近くする。
 前々から気になっていた「尾上製作所 コンパクトピザオーブン ON-1781」が、ピザピールが付属していて4,350円(アマゾンで税送込)。
 うーむ。
 ポチってしまいました。

 BioLite BaseCamp+ピザドームの立場が。。。。。。

 それと、そういう機器でピザを焼く場合、生地の薄いタイプじゃないと駄目だよねぇ。
 家庭用のオーブンや、コールマンのオーブン(ピザ用じゃないヤツ)だと、200度くらいまでしか上がらないので、生地が厚めのパンビザのようなのがいい感じなんだけど(チビどもは、そっちを好む)、そのノリで高温になるピザオーブンを使うと焦げ過ぎちゃうんだよなぁ。

 これで駄目なら、いよいよ、まるっと耐熱陶器でできたヤツかねぇ。

 あ、、、、、、
 今、発見したんだけど、カインズホームだと、普段でも3,980円(税込)で売っているみたいだね。
 しかも、8/21までなら、2,980円(税込)という情報もある。

コンパクトピザオーブン
http://www.cainz.com/shop/g/g4907797017814/

 新座市のカインズホームは、今、建設中らしいです。(無念)

 気を取り直して、初使用リポート。

 石が薄くて幅が狭いのに、ちょとガッカリ。
 短辺が25cmなので、市販のピザで困ることはないサイズだけど、BioLiteのは30cmあるし、厚い。

 キッチンで、市販のピザを焼いてみることにした。
 七輪用のゴトク(買ったまま放置だった)と、BioLite BaseCampの円網(丈夫そうだったので)で炎からの距離をとり、輻射熱で周りに被害が出ないように、Seek Thermalで監視。

ゴトク
7cmくらい上がった

温度監視
良い子は絶対やっちゃいけないぞ(輻射熱すごい)


 本体の温度計が230度になったので(火力は中の上くらい)、常温に戻しておいたピザ投入。(火力は下げた)
 3分でやめときゃいいのに、窓があって中が見えている分、油断して4分焼いて、焦げました。

焦げた
焦げても美味しかったけどね

 結論としては、メーカー推奨の利用方法じゃないと駄目だな。
 中央部のみに火力があるコンロは向かないね。
 大きな炭のBBQコンロに載せて使うことが推奨されているんだけど、そうすれば、石の左右からも熱気が上がって、ピザの上部も程よく熱せられると思う。
 本体は、ペラペラのステンレスだから、熱を保持してくれないんだよなぁ。その点は、BioLiteのピザドームのフタの方が肉厚なので有利だね。

 さて、どうしようかな。
 欲しい人、いる?
 ピザピールはあげないけど。(笑)

ピザ焼き
石の両サイドから熱気が上げるセッティングにしないとね

| たべもの | 13:47 | comments(0) | -
BioLiteコーヒープレス
BioLiteコーヒープレス
木質ペレットはススが出にくいのでキッチンアタック

 BioLiteケトルポット用のコーヒープレスで御座います。
 こんなものが、1,800円+税もしやがります。
 小さいのだったら、網だけじゃなく容器を含む一式買っておつりがくる値段です。

 でも、買っちゃったんだよなぁ。
 3月10日に発注したら、「4月下旬入荷予定」という返事がきたんだけど、今日届きました。

 久し振りに、カリタのハンディミル(めっちゃ古いヤツ)を引っ張り出してきました。
 挽いた豆にお湯を注ぐべきなんだろうけど、沸いた湯に挽いた豆ブチ込み方式です。

 うーむ。

 この方法で旨いコーヒーを淹れるには、それなりの試行錯誤が必要なようで。

 木質ペレットの取り扱いも、まだまだ修行が足りないな。

| たべもの | 11:50 | comments(0) | -
ピザとアスクルとスポーツカイト
ピザ屋
アスクルの煙も微妙に写ってます

 昨年秋に埼玉県三芳町にオープンした本格ピザ屋へ家族で行ってきました。(車で20分くらい)
 かーちゃんの休みに合わせて前から決まっていた予定で、決して燃えているアスクル倉庫を見に行ったわけではありません。(笑)

アスクル倉庫
裏庭の農地からアスクル倉庫が良く見えました

ピザ屋の窓から
煙が見える特等席じゃん

サツマイモ入りピザ
農家併設(いも街道沿いだし)だけあって冠商品がサツマイモ入り(他に2種食べた)


 食後の腹ごなしに、チビチビと凧揚げ。
 コントロール出来るタイプのは、難しいけど楽しいね。

凧揚げ

| たべもの | 15:33 | comments(0) | -
PizzaDomeでピザを焼く
セットアップ
こんな感じでセッティング

 届いたら、使ってみたくて仕方がない。

 てことで、BioLite BaseCamp用のピザ焼きセット、PizzaDomeを使ってみました。
 強風予報だったので、うちの車庫で、ですが。

 石はともかく、フタの金属は薄く、保熱力は低いと思われます。
 ピザ釜というのは、庫内の温度が均一に保たれるのが理想なのですが、期待薄。
 火力を上げて石を熱した後、やや火力を下げて(とはいえBaseCampは火力調整ほぼ無理)ピザ投入です。

 一応、フタに温度計はついているのですが、やはり、役に立ちません。
 そもそも、使い方を間違えていたし。

温度計が刺さる
温度計を下からナットで止めるとピザに刺さる

 下からナットで締めると、温度計の先が石に接触し、石の温度になってしまいます。
 で、そのままピザを投入すると、ピザに刺さりますな。

 製品が届いた時、ナットが締まっていない状態だったのは、上側にスペーサーとしてナットを付けて、高さを調整するためだったようです。
 とはいえ、どのみち、役にたちそうにないけどね。

 ネットにあがっている、PizzaDomeを使ったピザ動画って、焼きあがったピザの裏が映っていないんだよね。
 ぜってー焦げてる。
 と、怪しんでました。
 どう考えても、焦げやすい構造。
 生地の薄いタイプのピザならまだしも、我が家が好むようなパンピザは困難が予想されます。
 今回も、強力粉200gだもんね。

 幸いなことに、横穴から焦げの様子が見えるので(温度が下がるのでフタは絶対に開けない)、チェックしながら、10分で焼き終了。

焼き上がり
絶妙な焦げ

 下は、クッキーみたいになっちゃってますが、上はふっくらと、むむむ、美味いじゃないか。
 今回は、具材の準備ができなかったので、ソーセージとミニトマトとチーズだけなんだけど、普通に美味かったです。
 構造上、水分が多い具材は厳しいかな。

温度分布
サーモカメラ(Seek Thermal)で見てみる

 穴から見える石は260度ですが、ステンレスの蓋の温度は上がっていませんね。

 気をつけていましたが、やっぱり、ちょっと煤けました。
 利点は「コールマンのオーブンより大きいピザが焼ける」というくらいですかねぇ。

 玩具ですから、デキが良くないってのも、楽しいものです。

| たべもの | 14:33 | comments(0) | -
BioLite PizzaDome 届いた!
BioLitePizzaDome
石が割れていないことを確認

 PizzaDomeについては、2016年7月14日にも書いた。

PizzaDomeが欲しい
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327521

 最初の注文が、知った直後の昨年6月30日。
 が、注文はキャンセルされてしまった。
 以降、7月、8月、9月に注文し、何れもキャンセルに。
 PayPalで、一度は決済されるんだけど、その後返金処理される状態が続いていた。

 そして、12月21日も注文。
 ところが、今度は変化があった。
 PizzaDomeが72.12ドル、送料が36ドルで決済された後(PayPalの手数料入れて計13,188円)、「追加かかるかも」というメールが届き、翌朝「追加で41ドル払って」とメールがきた。

 払いましたとも!(PayPal手数料入れると5,006円)

 合計で、18,194円ナリ。(受取時の追加関税は無し)
 本体よりも送料の方が高いなぁ。
 これで、早々にモンベルが安く販売を始めたりしたら笑うぞ!(昨年、「来年から取り扱うかも」とは言われている)
 こんな寒い時期に手に入れてどうする、という気もフツフツ。

 思ったより、小さいな。
 石の直径が約30cmなので宅配のMサイズピザとLサイズの中間ですね。(Mサイズを焼くのに良さそう)

 無理やりピザ焼きに行くしかないかな。
 いや、裏庭で焼くか。

 日本初か、と思ったら、すでにYoutubeに使用動画あがっていました。(笑)

| たべもの | 11:01 | comments(0) | -

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS