うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
楽天クオリティ
楽天クオリティ
だって連絡しろって書いてあるじゃん

 天気が悪く、暇なので、小ネタ。
 暇なので「駄目なんだろうなぁ」と思いつつ、楽天のサービスへ電話してみました。

「Rakuten Casaの設置住所が、契約者住所と違うからサービスに連絡して再設定しろ」

 と、楽天アプリに表示されているからねぇ。

 もちろん、

「設置住所と契約者住所は同じ」

 なんだけどね。

 Rakuten Casaって、これです。いわゆる「小さな基地局」ってやつ。
https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/rakuten-casa/

 例によって、チャットによる連絡を試みるが、駄目。

 サポートに電話したら、以前と違い、自動音声案内で「ショートメールを送るから電話番号入れろ」となり、ショートメールを受け取って、ようやく、電話でのサポートを受けられる電話番号を獲得できます。

 クソ面倒くさい。

 ようやくサポートの人と話せたんだけど、「設置住所と契約者住所は同じ」という現象をサポートで確認してもらったにも関わらず「Casa対応の別の番号へ掛け直せ」だってさ。

 なんだそりゃ。100%楽天側の不具合で、それを楽天側でも確認したのに、なぜ客に負担を強いるのか。

 掛け直したら、本人確認の面倒くさいやり取りと、さらにいくつかのやりとりの後、

「その現象は、こちらでも確認しているので、放おっておけ」

 だってさ。

 なんじゃそりゃ。
 だったら、そういう不具合情報を告知するなり、Q&Aに書くなり、最初のサポート電話で答えてよ、と、思う。

 安定の、楽天クオリティ。
 商売する気あんのかよ。

 Rakuten Casa経由の通話品質は最低で、時々途切れる。
「次の番号からお選び下さい」が途切れるもんだから、何がなんだかわからず、時間食ってしかたがない。

 インターネット利用も、Casaを設置するとIPv4になってしまうからか、夜間の混雑時は1Mbps以下になることもあり(土曜の夜は最悪です)、さっさと外したいんだけど、設置特典の3,000ポイント供給されるまでは、我慢我慢。

 てことで、楽天クオリティについての雑談でしたとさ。

 こりゃあもう、無料期間終了時点での大量解約必至でしょ。(私もオクサンも今のところ継続の可能性ナシ)
| 電化製品とパソコン関連 | 10:43 | comments(0) | -
ノイズキャンセリングイヤホン
Padmate PaMu Quiet
Padmate PaMu Quiet と QuietComfort25(左奥)

 貰いました!!

 「紹介してくれるのならあげるよ」メールがきまして、いただきました。

 稀にレビュー依頼がくるようになって、ちょと出世したな、とは感じるものの、必要な商品じゃないと貰わないからね。
 先日も、Amazon Echo Show 5用の外付けバッテリーのレビュー依頼があったんだけど、「いらんわ、そんなもの」(笑)

 余談はさておき、商品は、以下です。

Padmate PaMu Quiet
https://padmate-tech.com/pages/the-next-legend

 ノイズキャンセリングヘッドフォンといえば、BOSEのQuietComfortを愛していて、2、15、25と、使ってきました。乾電池仕様って良いよね。

 ただし、頭に載せるタイプのヘッドフォンは、例えば、客船や深夜バスで寝ながら使用のとき、かなり厄介。
 そういう時にこそ、ノイズキャンセル機能が欲しくなるので、無理やり装着して寝ています。

 前々から、イヤフォンタイプ(オンイヤー)も気になっていたんだけど、値段が高いし、構造上、オーバーイヤータイプより効果が低いことがハッキリしているので、購入に踏み切れませんでした。稼働時間短いしね。

 でも、貰えるなら、話は別。
 飛び付きましたとも!!

ワイヤレス充電対応
ワイヤレス充電対応

 ノイズキャンセル具合は、オーバーイヤーのQuietComfort25には遠く及ばないものの、ないよりは全然マシ。(そりゃそうだ)
 低音重視なのでは? という意見がネットのレビューに出ていましたが、私はそんな感じはしなかったです。
 QC25よりも、セリフが聞き取りやすかったのが意外で、ヘッドフォンの特性って、千差万別だねぇ、と、しみじみ。
 そんなレベルのオッサンにレビュー依頼って、メーカーからしたら失敗か。(笑)

Padmate PaMu Quiet
ケースサイズは大き目

 船や深夜バス内での挙動が気になりますが、それは、コロナが収まってからのお楽しみですな。

 折角なので、質問、色々受け付けますよ!!



| 電化製品とパソコン関連 | 14:56 | comments(0) | -
アルミ製PCスタンド
PCスタンド
いただきものです

 まさに、「渡りに船」でした。

 ライブ中継時には、テーブルにモニターが複数枚並びます。
 場所とって大変。
 アーム固定も考えたんだけど、現場のテーブルでは無理がある。

 てことで、PCスタンドを物色していたら、別ルートから「紹介してくれたらあげます」と、メールが来ました。

 飛びつきました。

ATEM Mini載せ
ATEM Mini Proと12.5インチモニター

 Hypamerというメーカーなのでしょうか?
 アルミでガッシリしていて、ベース部にも厚みがあり、ATEM Mini Proの放熱にも役立ちそうです。(エンコーダーとして使うと、すげー熱持つ)

 良いものをいだきました。
 今なら、1,000円引きクーポンが出ているようです。

 もう一個買うか、迷う。
 まさか、もう一個くれないよな。(笑)



| 電化製品とパソコン関連 | 10:38 | comments(0) | -
モバイルモニター新調
モバイルモニター
cocopar 12.5インチ FHD モバイルモニター(後ろは15.4インチ)

 持ち運びが前提のモニターといえば、5年前くらいから、15.6インチのGeChic On-Lap2501A SEを使っていた。

モバイル液晶モニター(2014.12.16)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327222

 ほぼ1kgと軽量薄型。microHDMI、VGA(OLD機を繋ぐのに便利)、スピーカー、ヘッドフォン端子もあって、かなりお気に入り。FHDじゃない(1366x768)ことが幸いしてか、消費電力が少なく、バッテリー駆動状態のネットブックからUSB給電で足りてしまう。
 唯一弱点は、そのデカさ。
 ベゼル面積が広いので、カメラバックの15インチMacBookが入るスペースに収納できないし、チョイ使い、という雰囲気でもない。

 ATEM Mini Pro(スイッチャー兼エンコーダー)のために、小さ目のモニターを買うことにした。
 先日、モニター付きのビデオキャプチャーボックス(400-MEDI034)を買ったのは、ATEM Mini Proのモニターとしても使う気だったのだが、画面が小さすぎて(3.5インチ)、老眼の身には無理でした。

ビデオキャプチャー買いました(2020.7.2)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1328628

 新たに買ったのは、cocoparというブランドの12.5インチで、4,000円オフクーポン適用価格13,980円(税送込)なり。(アマゾンで購入)
 microHDMI、スピーカー、ヘッドフォン端子の条件を満たして安いヤツといえば、これくらいしかなかったんだけど、正解だったかな。
 まだ2日しか使っていないから、耐久性は未知数だけどね。



| 電化製品とパソコン関連 | 15:12 | comments(0) | -
Ulefone Armor3Tでも楽天モバイル
Armor3T
データ通信も通話もOKに

 一年半以上前から、踏まれても壊れない大容量バッテリー仕様のスマホを使ってました。
 データ通信専用だけどね。

防水コンデジとして買いました(2019.1.16)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1328221

 防水コンデジとして使うつもりでしたが、シャッター音が簡単に消せないので、その目的での使用機会は少ないですが、カヤック等、水辺遊びの時は重宝しています。

 Ulefoneに、一定の信頼を感じたので、オクサンは、Armor6Eを使っていて、一年以上前のモデルなのに、今でもベストSIMフリースマホじゃないかと思っています。(今なら中華サイトで2万円くらい)
 楽天SIMでも使えるし。

オクサンのスマホも楽天モバイル契約(2020.5.18)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1328592

 私のArmor3Tは、エンジニアリングモードへ入ることが出来ず、楽天SIMが使えませんでした。(データ通信すら駄目)
 発売後、ファームウェアが何回か出ていたのは知っていたのですが、Winマシンと繋がないと更新できない上に、更新すると、オールクリア状態になってしまうので、やっていませんでした。
 手順が難解だったしね。

 昨今、メインデータ通信機が、RakutenMiniになりつつあったので(Armo3Tで使っていた0simの契約が先月末で終わっちゃったからね)、ようやく、重い腰を上げて、ファームウェアのアップデートをしました。

 やはり、手順は難解。
 もし、リクエストがあれば動画を作って公開しますが、要望はなさそうだな。(笑)

 ファームウェアを更新したら、Armor3Tでも、エンジニアリングモードへ入れるようになり、楽天SIMのセットアップが出来るようになりました。
 データ通信だけでなく、通話もOK。(オクサンのSIMを借りてテストした)

 残念ながら、シャッターボタンの音を消すことは出来なかったけどね。(Armor6Eは消せます)

 ちまちまアプリを再インストールして、将来的には、RakutenMiniのeSIMをやめてSIMカードを発行してもらい、メイン機に返り咲くこともあるかもな。
 少なくとも、踏んでも壊れないし。(笑)

| 電化製品とパソコン関連 | 12:06 | comments(0) | -
防犯カメラをリアルカメラに
ネットワークカメラ
ダミーと入れ替えました

 散歩に行こうとしたら、小雨が降ってきたので、家での時間潰し。

 玄関外の防犯カメラは、ずーっとダミーカメラでした。
 インターホンにもカメラ付いているし、ま、いっか、とね。

 使っていないネットワークカメラがあったので、設置してみました。
 モノは、これ。

ネックワークカメラ(2018.11.9)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1328165

 WiFi仕様なので、電源を確保するだけで簡単設置。

タブレットで見る
画質良いよね

 より道路が写る方向にレンズを向けておきました。
 逃げる犯人が防犯カメラに偶然写っていた、というのを目指してます。(笑)

| 電化製品とパソコン関連 | 13:42 | comments(0) | -
Rakuten Casa 導入
Rakuten Casa
デカイ、デカすぎるっ

 うちは、9/1から「楽天ひかり」になりました。
 家族4人とも、ガラケー利用がメインですが、データ通信用として、私がRakutenMiniを、オクサンが楽天UN-LIMIT契約のSIMを入れたUlefone Armor6Eを使っています。
 楽天エリア外なので、パートナー回線での利用なんだけどね。(月に5GBもあれば十分)

 Rakuten Casaは、小型基地局と呼ばれるもので、光回線に接続すると、それが基地局となって、該当するケータイが使えるようになる、というシロモノです。
 端末が、楽天エリア外でも、楽天エリア内のような挙動をしてくれるようになります。

 価格は3,000円ですが、後で3,000ポイント貰えますので、実質無料、という扱いになってます。
 そりゃそうですよね。ユーザー側にメリットがある事例が、殆どないですから。(楽天側にはメリットあるよね)

 必要なのは、楽天エリア外で日々暮らしていて、しかも、「公式に対応していると認められていない端末を使っている人」だけじゃないかな。
 つまりまぁ、うちのオクサンのような人。

 Armor6Eは、設定すれば、データ通信はいつでも使えるものの、通話については、「楽天回線を掴んでいる時にアクティベーションをしないと使えない」端末です。
 一度アクティベーションをすれば、パートナー回線下でも通話できるようになるのですが、アプリのバージョンアップとかがあって、再アクティベーションが必要になったとき、再び「楽天回線を掴む所」まで出向かないと、通話機能が復活しません。(端末の再起動程度では問題なし)

 これがもう、すげー面倒くさい。

 RakutenMiniは、パートナー回線下でも、問題なくアクティベーションできるんだけどね。

 オクサンも、通話はガラケーだから、Armor6Eでの挙動は問題ないんだけど、なんか、もやもやするよね。

 Rakuten Casaがあれば、解消するんじゃないかと、導入してみましたが、その点は、無事、解決しました。

 IPv6非対応だったので、IPv4へ戻す必要があり、その点は残念だけど。(IPv4だと夜間10Mを切るくらいまで速度が落ちる)
 と、いうか、IPv6非対応って、どこにも書いていない辺りが、すげー楽天クオリティ。
 楽天ひかりが、IPv6 DS-Lite対応のルーターを無料プレゼントして、IPv6を推奨しているんだから、IPv4で繋いでいるユーザーなんて稀だろうに。
 ネットには「サポートに連絡して判明した」というネタが溢れているといふ。。。。。。。

 あと、RakutenMiniも、楽天回線下での稼働になり、自宅でもデータ通信が無制限になりました。
 家で、モバイルルーターとしての挙動をテストすることも多いのですが(ライブ中継のテストとかね)、これからは、容量を気にせずテスト出来ます。

 てことで、電気代はかかるんだけど、導入は、まぁ、良かったかな。
 夜間の遅さに耐えられなくなって、外す気もするけどね。(3,000ポイント貰ってからだな・笑)

 WiFi機能は、Rakuten Casaの設定画面へ入って停止しておきましたとさ。

(2020.9.13追記)
 楽天から電話がかかってきて、「Casa導入についてのアンケートに御協力下さい」とのことだったので、長々と意見しておきました。
 IPv4にしか対応しないのに設置の説明書が不適切、だとか、初期パスワードについてだとか、つらつらと。
 それなりに知識がありそうな人だったので(外部委託の業者っぽかったけどね)、かなり突っ込んだことも言っておきました。
 SIMフリー機利用者以外の客にメリットない、とか、オープンソースプロジェクトのOpenWrtで動いているルーターだよね、とかとか。
 ついでに、「IPv6に対応しないなら、3,000ポイント貰ったら外す」と、表明しておきましたとさ。(笑)


| 電化製品とパソコン関連 | 10:16 | comments(0) | -
IPv6って偉いのね
NEC Aterm WG1200HS4
現在のルーター(NEC Aterm WG1200HS4)の状態

 追記でも良かったんだけど、ネタが無いので追加。

 先日、楽天ひかりを開通させることは出来たのだが、IPv4接続だった。
 レンタル供給されている「ひかり電話ルーターPR-400KI」が、IPv6 DS-Liteに非対応だったためで、その対応として、DS-Lite対応のNEC Aterm WG1200HS4が、楽天ひかりから無料プレゼントされていたのだが、設置が面倒で、IPv4接続していた。
 ドコモ光の場合は(プロバイダは「ぷらら」)、PR-400KIだけで、IPv6プラス接続が可能だったんだよね。
 でもって、速度が、昼間は600M、混み合う夜間でも300Mくらい出ていた。

 楽天ひかりのIPv4でも、ソコソコ出ると思っていたのだが、昼間で200M、混み合う時間帯だと100Mを切るレベルになってしまった。(実用上問題ないけど)
 上りは、どの時間帯でも200M以上出ているので、やはり、ネット経由でTVを見る人が増えたんだろうなぁ、という気がする。

 てことで、面倒くさいけど、WG1200HS4(有線LANポートが少なくて嫌だった)の箱を開けて、IPv6で再セットアップしたのでありました。(暇だったし)

 以前のレベルに戻って(昼間600M、夜間300M)、やっぱ、IPv6化って、効果あるんだな、と、思った次第で御座います。
 とはいえ、50Mも出ていれば、ほぼ不都合ないんだけどね。
| 電化製品とパソコン関連 | 11:05 | comments(0) | -
ドコモ光から楽天ひかりへの移行は厄介です
楽天ひかりステータス
IPv6接続が「未利用に」なってしまっている(申し込みしても駄目)

 前回のリポートに「追記」するつもりだったんだけど、長くなってしまったので、別にしました。

ドコモ光から楽天ひかりへ(2020.9.1)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1328663

 9/2の夜に、楽天ひかりから「IPv6開通手続きができない状態になっております」というメールがきた。
 原因としては「他社(楽天ひかり以外)IPv6サービスをご利用中であるため」とのこと。
 普通にネットを使えているんだけど、いまだに「ドコモ光」扱いらしい。

 翌日(9/3)、ドコモ光に連絡したら、「プロバイダの「ぷらら」にも連絡する必要がある」と言われた。
 なんやねん、その「ぷらら」って、というハナシになりますよ、そりゃ。auひかり時にプロバイダが「ソネット」になっていて、それが「ぷらら」になったようだ。
 だって、契約の際は、auひかりからドコモ光への変更で、ドコモとしか話をしていないんだもの。

今日からドコモ光です(2019.6.14)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1328339

 ドコモでは、様々な驚きの情報が得られた。
 長々と書くのが大変なので、大半は胸にしまっておくとして、ひとつだけ。。。。。。

 無料レンタル扱いの無線LANルーター「NEC Aterm WG1200HS3」の返却手続きは、新たに契約したプロバイダの指示での返却になるんだとさ。
 そりゃ変だろ、と、問い詰めたのだが、フレッツ下にぶら下がるプロバイダ業者間の取り決めで、そうなっているのだとか。事業者変更ではなくて、完全な解約だと、レンタル機器の返却は、ドコモ扱いなんだとさ。

 ドコモに、ひとしきり文句を言ってから、「ぷらら」へ電話。
 そちらでも、またひと悶着あって、「ぷらら」の別窓口へ、再度かけ直す。(別部署へ電話転送できないシステムって昭和かよ)

 ドコモも、ぷららもだけど、電話が繋がるまでに、すげー待たされるんだけど(ハンズフリーにして放置)、その損失にもハラタツわ。(ガラケーの電池スレスレまで追い込まれたよ)

 ぷららによると、「IPv6プラス」というシステムの設定変更が必要で、ぷららでの解約設定が反映されるまでに1日かかるらしい。解約できたあとで、新業者での手続きが必要とのこと。

 んなもん、わかるかっての!!

 解約時に、詳しく教えてよ。。。。。。
 そもそも、うちの「ひかり電話ルーターPR-400KI」は、もともとIPv6プラス非対応だった筈じゃん。(いつの間にか対応になっていて、いつの間にかプラスに切り替えられていた)

 もっと驚いたのが、ドコモから無料レンタルされていた無線LANルーター「NEC Aterm WG1200HS3」の扱いで(ドコモから、ぷららに聞けと言われていた)、返却不要とのことだった。
 だったら、最初から「プレゼント」と言っとけよ。(楽天ひかりは「NEC Aterm WG1200HS4をプレゼント」になっている)
 返却する気満々で箱に収めちゃったよ。(欲しい人いる?)

 てことで、明後日、楽天ひかりへ「IPv6再申し込み」して変更完了、と、なるのかな?(変更日程がずれても請求に変わりはないそうです)

(2020.9.4追記)
 9/4の午後に、ネットに繋がらなくなりました。ぷららのIPv6がリセットされたのでしょう。
 ひかり電話ルーターPR-400KIのメンテナンス画面へ行ったら、PR-400KIは自動リセットされていて、初期情報入力画面が出ました。
 ケータイ回線経由で、楽天ひかりのIPv6の申し込み手続きをしたのですが、使えるようになるまでに、1〜2日かかるそうな。
 てことで、PR-400KIの初期画面に、IPv4用のユーザー名とパスワードを入力し(IPv6では不要)、ネット開通。
 速度は十分だし、無理にIPv6化することもないかもね。

(さらなる追記)
 9/4の19時過ぎに、楽天ひかりから「IPv6が使えるようになったよん」と、メールがあった。
 早速設定を試みたのだが、うちに供給されている「ひかり電話ルーターPR-400KI」って、IPv6 DS-Liteに非対応なのね。
 どおりで、楽天ひかりは、DS-Lite対応のNEC Aterm WG1200HS4を無料でくれるわけだ。
 うちの場合は、レイアウトの関係で、無線LAN機器の後ろからLANケーブルが複数出るのは困るので、IPv6は諦めて、IPv4での利用を継続することにしたのでした。(十二分に速度出ているしね)

(2020.9.6追記)
 結局、IPv6化したのでありました。
http://akirak.ipm.jp/?eid=1328668
| 電化製品とパソコン関連 | 10:35 | comments(0) | -
ドコモ光から楽天ひかりへ
ルーター
左が新たに無料で届いた物で右が無料レンタル品(中身は見た目同じ)

 2019年6月に、auひかりから、ドコモ光へスイッチした。

今日からドコモ光です(2019.6.14)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1328339

 2年契約だったんだけど、違約金を払って、楽天ひかりへスイッチすることに。

 だって、楽天ケータイを契約していると、一年間無料になるんだもん。(契約成立日は7/18で、開通日は9/1)

 ドコモ光は、スマホだとセット割引があるのだが、私のようなガラケーの場合は、一年間、月々500円引きになるだけ。(6月で終了した)
 この区別にも、もやもやするよね。

 違約金13,000円、工事代分割払い残金(5,000円くらい)、事業者変更承諾番号発行手数料3,000円を払ってでも、出ていくのが吉と判断。

 ただし、楽天ひかりは、「ひかり電話」サービスをやっておらず、その部分は、フレッツを提供しているNTT東日本と再契約でした。(契約料1,800円、月額基本料500円)
 もともと、ドコモ光もフレッツベースだったので、電話のやり取りと、免許証コピーの送付で手続き終了。

 楽天ひかりからの請求は、初期設定料1,800円だけだったのかな?(すでにフレッツ光がひいてあるので工事費は無し)
 一年間は無料だけど、その後は月額4,800円だそうな。(その部分、ドコモ光は5,200円だった)

 ドコモ光から無料レンタルされていた無線LANルーター(Aterm WG1200HS3)は返却する必要があり、楽天ひかりから無料プレゼントされた無線LANルーター(Aterm WG1200HS4)へ交換。見た目は同じだけど、高速化されているらしい。

 ひかり電話ルータと呼ばれる終端装置(PR-400KI)は、交換されることなく、そのまま利用。
 ドコモ光も、楽天ひかりも、フレッツ下のブロバイダだもんね。

 IPv6時代、設定変更は簡単で、ひかり電話ルータを初期化再起動するだけ。
 ユーザー名の登録とか、一切なし。
 ホントに変更されているか不安だったんだけど、楽天ひかりのユーザー情報サイトを確認したら、ステータスが利用開始になっていたので、どうやらうまくいったらしい。
 ひかり電話のの通話も問題なし。もっとも、そっちはNTT東日本のサービスだから楽天は関係ないけど。

 Rakuten Casaという、屋内基地局装置も発注してあるんだけど、まだ届いていないので(開通してから発送されるのだそうな)、そのリポートは、後日ね。(中華SIMフリースマホUlefone Armor6Eで楽天モバイルを使っているオクサンのために導入)
 機械は無料だけど、別途事務手数料が3,000円かかり、その分は楽天ポイントとして還元される仕組みになっていた。

 さて、次なる電話関連ネタは、上の子のガラケーをスマホへ変更するネタになるのかなぁ。(高校生になるので変更を要求されている)
 それまでに、色々面白い方に情勢がかわっていると良いのだけれど。
 とりあえず、私の割れたRakutenMiniは、向こう一年、解約できないな、とね。(笑)
| 電化製品とパソコン関連 | 09:24 | comments(2) | -

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES