うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
ZOOM H5 外装交換、というか全交換
H5
ベトベトがひどかった

 ZOOMのH5は、とても使いやすいレコーダー(録音機)で、様々なオプションを追加購入し、便利に使っております。

ICレコーダー購入(2015.1.2)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327234

 が。

 どうにも我慢できなくなってきたのが、本体塗装の加水分解によるベトつき。
 ZOOMという会社は、新興メーカーということもあってか、どうも詰めがアマイよね。(先日のF1-LPしかり)

 サービスに、外装パーツ一式を送ってくれるように相談したのだが、却下。(まぁ当然か)
 仕方がないので、見積りを依頼したら、「4,000〜10,000円(税別)だろうけど正確には不明」だってさ。
 なんだよ、その回答。
 「故障ではなく外装パーツ一式の交換費用見積りが出せないメーカーは駄目でし」的なメールを出してみたのだが、埒あかず。

 そんな折、ZOOM F1-LPの電池蓋が壊れたので、以前、メールをやりとりしたZOOMの人に直メールを書いたら、電話がかかってきた。
 F1-LP(保証対応で交換されることになった)の話の続きで、H5の外装パーツについて相談したら、「そもそも外装交換のような修理はやっておらず、全交換になる」とのこと。
 なんじゃそりゃあ。

 塗装が加水分解をするたびに、全交換ってことなのか!?

 そんなわけで、6,480円(税送込)払って(ヤマト運輸の代引き配送扱い)、まるっと交換したのでありました。

| 電化製品とパソコン関連 | 11:13 | comments(0) | -
ZOOM F1 電池蓋破損
F1-LP
ポロッと壊れた

 ZOOMのF1-LPといえば、かなりお気に入りで、今や、私のメインレコーダーとなっておりました。(ZOOM H5のサブとして買ったのにね)

レコーダー追加購入(2018.4.7)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327987

 が、買ったときから、駄目だろう、と憂いていた点も。

・電池蓋が壊れそう
・ベルトクリップのネジが緩む
・電池交換、メモリーカード交換がやりにくい

 最大の懸念だった電池蓋ですが、やはり、ポロッと壊れました。

F1-LP 破損
赤丸内が破損したプラパーツ

 分解して、破損したパーツだけを送ってもらうことを交渉したのだが、駄目で、まるっと全交換となりました。
 まだ保証期間内だから、というのもあるのかも知れないけど、構造上、また壊れるよね。
 金属パーツに変更すべきだよなぁ。
 今度壊れたら、さすがに、まるっと全交換、ってわけにはいかないよね。

| 電化製品とパソコン関連 | 13:17 | comments(0) | -
またしてもネットワークカメラ
ネットワークカメラ
マグネット固定は便利

 去年(2018年)の11月にネットワークカメラを導入。調子よく使ってます。
 その後、今年の1月に、ほぼ同じネットワークカメラを提供されて、2台体制に。

ネットワークカメラ、再び(2019.1.6)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1328211

 今回、なんとまぁ、別の会社から「提供するからYoutubeで紹介して」と打診がありました。
 いいですけど、チャンネル登録者も少ないし、広告効果あるんかいな。
 くれるというんだから、貰いますけどね。

 今回のは、UBYMIという商品で、アマゾンで4千円くらいで売られています。
 銀色のと白色ので、筐体のデザインが大きく違うのですが、機能は同じでややこしい。
 有線LAN非搭載で、2.4Gの無線のみ。
 画角が180度なので、広域な監視カメラとしては、こっちの方が良いと思う。(モーターで首を振れたりはしない)
 まぁ、それぞれ、一長一短ではあるよね。

 アプリは、過去2台で使っていて、操作画面がほぼ同じなIPC360が使えると良かったんだけど、残念ながら駄目でした。
 てことで、360eyesを使用。
 アプリは、ユーザー登録の必要はあるものの、AndroidでもiOSでも、同じように使えて便利。
 うちの場合は、目的が猫の監視なので、高画質は必要なく、180度常時録画の方が好都合でした。
 首振り2台は引退していただいて、今回いただいた一台体制で様子を見ます。(首振りタイプ、欲しい人居ます?)

 今回紹介した商品は、アマゾンで290円安くなるクーポンコードがきているので、よろしければどうぞ。
 TQMK3SIN(2019年5月3日まで)



| 電化製品とパソコン関連 | 09:50 | comments(0) | -
チビの8インチタブレット
タブレット
ALLDOCUBE M8(左上)とNexus7の幅が同じなのは意外。手前はM5X

 チビ(上の子・中学1年生)は、私の初代Nexus7を使っていたのですが、「処理が遅すぎて限界」とのこと。
 代わるタブレットを「自分で買うから探して」とのことだってので、色々チェック。
 結果、ALLDOCUBE M8を買いました。
 中華系通販サイトでなんと13,488円。
 追加でケースが898円。
 送料は無料なんだけど保険が288円で、総支払いは14,674円でした。
 2/17に発注し、届いたのは2/27の夕方。

 もちろん技適無しです。
「GPSが欲しい」とのことでSIMフリー機なのですが、中学1年生なので、SIM無しで使います。
 性能的には、私が使っているALLDOCUBE M5Xと同等のようです。(サイズは違うけどね)
 中華タブ、恐るべし。



| 電化製品とパソコン関連 | 11:17 | comments(0) | -
我慢できずにサブウーファー
NS-SW050
ヤマハ サブウーファー NS-SW050

 やっぱり駄目でした。

 先日、AVアンプを買い替えましたが、サブウーファーまでは手が回らず。(スピーカーもほぼリサイクルだけどね)

AVアンプ新調(2019.2.6)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1328237

 なくても、ほぼ満足なんだけど、低音が迫力不足気味なのは確かで、結局、わりとすぐに注文してしまいました。
 ただし、在庫がなくて、来るのに一週間以上かかったかな。
 アマゾンで、11,848円(税送込)でした。

 置き場所がなくて、若干荷物に紛れてますが、それでも無いよりは全然マシで、満足で御座います。
 プライム・ビデオで、SUPER8(監督エイブラムス 製作スピルバーグ他)の列車脱線シーンを見直そうかな。いや、トップガン(5.1chと明記してある)か。(笑)



| 電化製品とパソコン関連 | 12:12 | comments(0) | -
折角だから、TVを見よう
スマホアンテナ
GalaxyS6にアンテナを

 Gear360の母艦として買った(ガラス割れているので6千円以下)GalaxyS6には、ワンセグTV機能がついていた。

Gear360のためにGalaxy(2018.6.21)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1328062

 視聴するためには、イヤホンをささなくてはならず、めんどくさい。
 しかも、感度は今ひとつ。
 てことで、アンテナを買ってみました。
 ELECOMのスマートフォン用ロッドアンテナMPA-35ATRBKという製品で、アマゾンで691円(税送込)でした。
 災害対策用にもなるかな、とね。
 安いのはいいんだけど、対応しない機器もあるそうだから気をつけてね。



| 電化製品とパソコン関連 | 13:25 | comments(0) | -
電気敷き毛布初体験
電気敷き毛布
敷き用だからかペラペラでコンパクト

 電気敷き毛布を使ったことなかったんです。
 昨年11月にキャンプに行った際に、電気座布団を持って行き、ポータブルバッテリーに繋いで使いました。
 Youtubeを見ると、電気敷き毛布の利用が多いのね。
 てことで、買ってみました。
 そもそも使ったことがないので、どういう仕様が適しているかも判らず、室温センサーが付いているタイプ(Sugiyama NA-023S)にしてみました。(アマゾンで税送込2,180円)

 せっかく買ったんだもの、キャンプ、行かなきゃね。



| 電化製品とパソコン関連 | 16:01 | comments(0) | -
ミラーリングアダプタ
Miracastアダプタ
中華モデルです

 スマホ等をミラーリング表示するアダプタが、中華系ネット通販店のセールで、送料込み2,000円だったので買ってみました。
 安いんだけど、届くまでに時間がかかります。(1/14発注で届いたの2/7)

 ミラーリングアダプタとしては、AmazonのFireTVを使っていたんだけど、昨年、キャンプに持って行ったのに、リモコンを忘れて使用できない、という大失態。
 ちなみに、FireTVはルーターなくても、スマホと無線接続してミラーリングできるんよ。(リモコンがあればな!)

 そんなわけで、最初っからリモコンの付属しない、本商品。
 リモコンどころか、ACアダプタも付属しないけどね。(microUSB給電)
 簡単な英語の取説が入っていたけど、よく判らず。
 見た目がGoogleのChromecastに似ているから、互換なんだろうか、と、AndroidのGoogle Homeアプリから呼び出してみたんだけど、見つけられませんでした。
 Miracastでの表示は、問題なかったです。
 それが出来れば満足なので、深くは探らなかったですが。

 これも、逮捕案件商品なのかねぇ。(こらこら)

 今度こそ、キャンプでプロジェクターで映画見てやるもんね。(笑)

| 電化製品とパソコン関連 | 10:23 | comments(0) | -
AVアンプ新調
AVアンプ
YAMAHA RX-V583 と NS-C210

 2010年11月から使っていたPioneerのHTP-S333が壊れた。
 一旦ボリウムを上げないと音が出ないという不良は、アナログボリウム機では定番の症状だと思うけど、デジタル機でも、そんなことあるのね。
 8年ちょっと使っての故障は、このモデルでは成績良い方らしい。そもそも、購入の際も、ひと悶着あったもんね。
 ヘッドフォン端子がないことを除けば、気に入っていたんだけどな。(後継モデルはない)

5.1chの受難(2010.11.30)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1326489

 てことで、物色。

 新品だけど、アマゾンで旧モデル買いました。(2017年5月発売なので、アンプとしてはそんなに古くない)
 ヤマハからは、2018年5月に、後継のRX-V585というモデルが出ているのですが、メーカーが差異をしっかり説明しています。

【RX-V585/RX-V583】両モデルの機能的な違いは?
http://yamaha.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/9337

 こういう姿勢、好感を持てますよね。
 多機能なのに、32,800円でした。(後継のRX-V585だと最安3.9万円くらい)

 アンプは良いとして、スピーカーまで予算がまわりません。

 使っていたHTP-S333のスピーカーは、4Ωの同じ小さいのが6個構成。(センタースピーカーが2個の構成)
 新たに買ったRX-V583のスピーカーは、6Ω以上となっているんだけど、あくまで「推奨」なので、4Ωのスピーカーでも音は出ます。
 そんなに拘りはないので、それをリサイクル。
 RX-V583は、7.1ch機。
 そんなにはいらないよな、と、思いつつ、センタースピーカーを検索したら、YAMAHAのNS-C210は、アマゾンで2,846円しかしないのね。と、ポチリ。
 数的には、スピーカーは7個になったので、7ch配置をしてみたいところだけど、うちではスペース的に無理で、5.1.2ch配置にしました。(サブウーファー無いけど)

 サブウーファーは、YAMAHAのNS-SW050(1.2万円くらい)のブラックモデルにするつもりなんだけど、どこも在庫なしなのね。
 当面は無しで行くしかないなぁ、そのうち慣れちゃって、なくてもいいか、ってなっちゃうかも。

 そもそも、AmazonPrimeVideoで7.1ch配信している作品なんてない?

 実は、この商品に至るまでに、ひと悶着あった。

 当初は、ノジマオンラインでYAMAHA RX-V383(RX-V385の旧モデル)が激安19,800円だったので、2/3の15時に発注した。

 ところが、「2019/02/08までに弊社入荷予定です」というメールがきた。
 駄目でしょ在庫無し商売したら。
 即、キャンセル依頼のメールをしましたよ。

 そうしたら、「キャンセル不可」で、入荷が遅れる理由として

>>こちらの商品は大変人気商品につき、
>>メーカーでの生産が追いついておりませんので、

 だってさ。
 おいおい、随分前に生産終了している商品だぞ。(サイトには「生産終了品」と書いてあるし、後継モデルのRX-V385が2018年4月に出ている)
 返信メールに、その旨と、「今、そこにないのなら商品確保できないのでは?」とも書いておいた。

 その後、「本来駄目なんだけどキャンセル受けたるわ」メールがきて、「キャンセル理由を書け」とのことだったので、「嘘の理由を返信してくるような、信用できない販売店からは買いたくない」と書いておいた。

 普通に、「納期かかるけどごめんね」系のメールが来たのだったら、キャンセルしませんよ。安いんだし。
 でも、「メーカーでの生産が追いついておりませんので」と嘘の返信をされたら、買う気ナッシングになりますな。

 結局、19,800円を買うはずが、32,800円のを買ったってことで、納税的にはOKか。(笑)
 なんか、AVアンプにはケチがつくなぁ。
 前回、Pioneerの製品を買った時も、最初の(旧型HTP-S323 展示品2.5万円)は3日で故障し、返品して高いの(新型HTP-S333 4.2万円)を買う羽目になったし。

 ゴタゴタはあったものの、RX-V583は、多機能で満足してます。
 10年くらい使えたらいいんだけどなぁ。

| 電化製品とパソコン関連 | 14:30 | comments(0) | -
大容量モバイルバッテリー
モバイルバッテリー
本体のみで403g

 アマゾンのセールで2,448円(税送込)でした。(CXLiyというメーカーなのか?)

 ソーラーパネル付きのが欲しかったわけではなくて、端子カバーのある製品を探したら、そういうのしかなかったんです。
 この手のソーラーパネルの性能は、以前買った製品でよくわかっていたしね。

ソーラー付きモバイルバッテリー(2017.3.27)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327666

 以前、10,000mAhは多すぎるな、と思って買ったのですが、今や、25,000mAhでも不安だもんなぁ。

 不安といえば、端子カバーに拘るのは、リチウムイオンバッテリーに対する恐怖です。
 すげー破壊力だと思うんだよね。バッテリーのくせに、可燃物質で出来ているんだぜぃ。
 リチウムイオン電池って、学生の頃は「夢のバッテリー」って言われていたし、その昔、工場吹っ飛ぶ事故もあったんですよ。(今でも定期的に工場燃えているよね)
 アウトドア荷物に紛れることもあるので、せめて、少々の水では逝かないでいただきたい。(完全防水の製品ではないです)

 紹介動画を作ってみたんだけど、製品の紹介というよりは、Adobe Character Animatorを使ってみたので、そのお遊び、という側面が大きいです。(右上のキャラが動くよん)



| 電化製品とパソコン関連 | 11:23 | comments(0) | -

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES