うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
トレーラーカバー修繕
破れた
もともと修繕してあったようだ

 カーゴトレーラーのカバーの一部を補修。
 裏から布をあてつつ、タコ糸と太い針で、無理やりな感じ。
 トレーラーを中古購入時にオマケで貰ったカバーで、過去に修繕した所が、再びダメージを受けたらしい。

直した
一応なおった

 カーゴトレーラーそのものは、出番を失ってます。
 キャンプ時の荷物減っちゃったんだよね。(犬関係が不要になった)
 あ、猫って、キャンプに連れて行けるんだっけか?
 ソーラーパネルをつけたものの、外しちゃったし。

カーゴトレーラーにソーラーパネル(2016.12.8)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327592

 冷静に考えたら、トレーラーの上にソーラーパネルが載っているメリットって、殆どないんだよね。
 走行中の充電は、たかがしれているし、到着後も、理想的な場所、向きでパネルを広げたほうが良い。
 パネルを固定するために、ベニヤ等々でフタを作ったんだけど、パネルを支える強度が必要で重く、ダンパーで支える必要もあり、トレーラーの重量増の原因にもなっていた。
 トレーラーの重さ、かなり重要です。走行性能に大きく影響します。

 てことで、現在は、フタは、保管時に単に載せているだけで、ダンパーも蝶番も外してしまいました。

外した
フタがあった方が水がたまりにくいし

 さて、無理矢理でも、出番、作るかなぁ。(笑)
| 電子工作(単なる工作も) | 13:10 | comments(0) | -
釣り竿ガイド交換
竿修理
ライターであぶって外します

 新島へ向けて、釣り道具のチェックをしています。
 で、ガイドの不具合を発見。
 糸が通る所のプラスチック製のリングが欠品していました。
 このままだと、糸が切れやすいです。

 てことで、上州屋で220円でガイドを買ってきて、交換。
 もともとは、熱で溶ける接着剤でしたが、瞬間接着剤でつけちゃったので、今度やっちゃったときは、切るしかないですね。
 まぁ、そんときは、買い換える口実が、てことで。(笑)



| 電子工作(単なる工作も) | 15:39 | comments(0) | -
littleBits R2-D2ラジコン
R2-D2
littleBits STAR WARS R2-D2とSphero BB-8

 littleBitsのキットなんだけどね。
 学習用ロボットといった趣か。

 以前、BB-8を買った時は2万円超えだったんだけど(新製品に飛びついたからね)、今回のは、アマゾンで9,900円でした。サイズはデカイけど、中身スカスカだしね。

 アプリ(動画を含むのでAndroid版で378MBもある)をダウンロードすると、それが組み立てマニュアルにもなっています。
 NintendoLABO程ではなかったけれど、そこそこ解りやすかったかな。日本語化されていますし。(時々許諾径メッセージが英語で出ますが「ENABLE」をタップすればOK)
 組み立てで最も難しいのはステッカー貼りですな。

 「走らせる」以外に、「手をかざすとアーム上がる」とか「首がまわる」とか出来ます。
 アプリにミッションが載っていて、それをこなしていくことによって、学習するというか遊ぶというか。

 littleBitsって、コンセプトは良いと思うんだけど、なんせパーツが高い。
 マグネットでパチンも、楽といえば楽なんだけど、楽なのと、面白いのとは、微妙な関係なのかなぁ。
 NintendoLABOも、この分野にある製品だと思うので、アレコレ注目しています。

 私の場合、このR2-D2は、STAR WARSファンとしてのインテリアだから、まぁ、いいんだけどね。(笑)

 余談ですが、SpheroのBB-8も、今ではプログラムによってコントロールすることが可能です。(スマホアプリのSphero Eduからでもプログラム可能)
 ロボット系は、Misty IIが待ち遠しすぎるぞ。







| 電子工作(単なる工作も) | 11:17 | comments(0) | -
熱収縮チューブでUSB補修
収縮チューブ
縮みきらず

 アマゾンで、ケース入り999円(税送込)でした。
 もっと安いのもあったんだけど、ケース入りの方が無くさなくていいかな、とね。
 熱収縮チューブって、使おうとすると、無くて探すんだよね。(笑)

 本来、結線した部分の保護用ですが、USBケーブルの補修に使ってみました。(上の写真)
 この部分が悪くなって捨てる羽目になること多々、だよね。

 が、さすがに、そこまでは縮まないのね。
 ビニテを追加で巻いたとさ。

 上とは関係ないけど、この後、ソロキャンに行くのに、まだ雨やまないなぁ。(嘆)

| 電子工作(単なる工作も) | 10:26 | comments(0) | -
テントポール交換
ポール
Eurekaソリティアと買ったポール

 2014年10月に購入したソロテント、ヨーレイカのソリティアは、初遠征で短い方のグラスファイバーポールが折れた。

船に揺られて沖縄へ(2014.10.23〜11.1)10/29に折れた写真を掲載
http://www.ipm.jp/ipmj/doyah/doyah1410/index.html

 それ以降、ポールだけを保存してあったシェラデザインズのディバインライトニングのポールを改良して使っていたんだけど、微妙に短かったんだよね。使用には問題なかったけど。

ソロテント、ポール補修(2017.5.16)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327704

 長い方のポールも、いよいよヤバイってことで、アマゾンでテントポール買いました。
 360cm分で、セール特価1,751円(税送込)でした。
 アルミ合金とのことだったけど、普通にジュラルミンじゃね?

 長さを合わせて切って、セッティング終了。
 の、筈が、若干太くなった分、短くても良かったようで、切って足した分を取った方が都合よかったです。
 余計な手間でした。(笑)

 短い方のポールも交換するつもりだったんだけど、太いので、アールがキツくて駄目。(テントポールとしては普通の太さだけど)
 従来通り、ディバインライトニングからの移植ポールを使うとします。

 さて、GW開けには、電車バス利用でソロキャンへ行く予定。
 またしても、あの川沿いなんだけどね。



| 電子工作(単なる工作も) | 12:44 | comments(0) | -
BioLiteCampStoveにゴトクを
七輪用ゴトク
これが原料

 BioLite Camp Stoveの初代初期型を愛用しています。
 POTアダプターが付属するようになる前のヤツです。
 今さらPOTアダプターが欲しいんだけど、入手困難になっちゃっているんだよなぁ。(金かければ手に入るっぽいけど)

 買っただけで放置状態だった七輪用のゴトクを、なんとなくCampStoveに乗せたら、あれ? ちょーぴったりじゃん!
 スキレット乗せるのにも都合良さそう。
 でもデカイな、てことで、ディスクグラインダーでブッた切り。
 安いし(アマゾンで632円)、おすすめです。
 早速、明日使うのだ。

ゴトクを作った
完成



| 電子工作(単なる工作も) | 14:30 | comments(0) | -
ロボットカーがライントレース
センサー
Lesson 5 Line Tracking Car

 最終Lessonでございます。

 ちゃんと、黒テープも付属していました。
 センサー感度を調整することもなく、プログラムを放り込むだけで、難なく完了。
 あらためて、よく出来たキットだと思いました。
 子供向けのワークショップにもいいかも。
 午前中に組み立て、午後にLesson5まで出来るんじゃないかなぁ。

 さぁ、これを踏まえて、なに作ろうかな?



| 電子工作(単なる工作も) | 10:32 | comments(0) | -
ロボットカーが障害物回避
超音波センサー車
Lesson 4 障害回避車 チビチビ作の屋根が載ってます

 いやあ、わかりやすい。
 よく出来ているキットだと思います。
 マニュアルに従って、まず、サーボの初期位置を確かめるソフトを走らせ、センサーの位置をセットアップ。

 次に、本番プログラムを入れ、実行。
 走行速度と回転速度のバランスが悪かったので調整。

 キョロキョロしながら走り回るのって、いいね。



| 電子工作(単なる工作も) | 09:56 | comments(0) | -
ロボットカーを赤外線リモコンで制御
IRコントロール
Lesson 3 赤外線コントロールカー

 キットに付属の赤外線リモコン(電池も付属していた)で、コントロール。
 Bluetoothより、こっちが先なのでは? と、思ったのだが、ハードルが高いのは、ソフトの方でした。

 プログラミング環境のArduino IDEは、標準状態ではIRコントロールのライブラリが無いので、インクルードする必要があります。
 その点を考えての、Lesson3なのでしょう。
 必要なライブラリは、IRremote.zipとして、レッスンフォルダ内にあるので、簡単にインクルード完了。
 さくっと動きました。
 ただし、リモコンを、ちゃんと受光部に向けるように、要注意ね。



| 電子工作(単なる工作も) | 09:30 | comments(0) | -
ロボットカーをBluetooth制御
Bluetooth制御
Lesson 2 Bluetooth Car

 Androidから、コントロールします。
 残念ながら、iOS用はなくて、Googleから、Android用のアプリをダウンロード。
 ボタンにコマンドが入れられるアプリで、Android機がリモコンになります。
 と、まぁ、それだけ。
 こういう基本を経て、色々考えてプログラミング、ということですね。



| 電子工作(単なる工作も) | 12:10 | comments(0) | -

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES