うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
Macで「DiRT Rally」
DiRT Rally

 Winで遊んでいる「DiRT Rally」にもMac版があるのだが(Steamで買ったのでWinでもMacでも遊べる)、macOS10.13からの対応で、うちのバケツMacは10.12なので起動できないでいた。
 Macで「F1 2017」をやってみて、その美しさと挙動の確かさに感激。
 試みる価値あり、てことで、外付けポータブルHDDに10.13をインストール。
 そこから起動して、ハンコンのドライバと「DiRT Rally」をインストールしたら、無事起動しました。

 すげぇ、美しい。

 ゲーマーがPCのスペックを求める意味がわかりました。
 綺麗で滑らかだと遊びやすいのね。
 ハンコン(G29)の挙動も問題なしでした。
 「DiRT Rally」は、デフォルトの状態でフォースフィードバックが丁度よいのがいいね。

Project CARS - Pagani Edition
Euro Truck Simulator 2
GRID Autosport
DiRT Rally
Project CARS 2 Demo
Assetto Corsa
F1 2017

 と、やってきて、今、「DiRT Rally」が一番楽しい。

 これは困ったなぁ。
 ゲームがきっかけで、ロクでもない10.13を常用する日が来ちゃうのか!?(笑)
 Appleが、さっさと10.13を「使える」OSに仕上げてくれればいいだけなんだけどね。(化ける可能性はあると思ってます)

 以下のビデオは、グループBでRWDという最もイッちゃってた時代のランチアでのモンテカルロ。



| ゲーム | 12:17 | comments(0) | -
F1パイロットって凄いわ
F1
Macでもレースゲーム

 先日、Mac(初代バケツMacの安い方)にBootCampでWin10入れて「Project CARS 2 Demo」を試みたんだけど起動せず。
 その恨みもあって、ハンコン対応なMac用のレースゲームを買ってしまいました。(以前買った「GRID Autosport」はハンコン非対応だったので、もうやっていない)

 セールで安かったしね。(40%offで3,648円)

 「F1 2017」というゲームなんだけど、すごいわ。

 難しい。

 F1パイロットの凄さを実感。
 ラリーのゲーム(Win版「DiRT Rally」)でラリードライバーの凄さは実感していたけど、F1の場合、スピードがもの凄いね。これでよくもまぁ、って感じ。
 色々補助は入れているものの(ハンコンのフィードバックは弱めたし)、普通に一周するだけでも大変。
 操作環境を、もっとカッチリしないと駄目かなぁ。
 当面は、Win版「Assetto Corsa」で十分なので、本格的に遊ぶのは、ちょと先になるかな。

 ちなみに、「F1 2017」は、ThinkPad L540 20AV0078JPでも起動したので、Winノートでも遊べるんじゃないかな。(Steamで買ったのでMacでもWinでも遊べる)
 Steamでユーザー情報共有がされているようで、ドライバー登録をしなくても良いのでいいね。
 「Assetto Corsa」に忙しくて、Winではやらないと思うけど。

| ゲーム | 14:02 | comments(0) | -
ゲームのセールに踊る
Assetto Corsa
28インチLCDに繋いでみた(FDで首都高)

 積極的に踊りました。(笑)

 先日から、待望の「Assetto Corsa」がセールに。
 「Assetto Corsa + Dream Packs」が1,992円。
 追加DLCで「Japanese Pack」199円も買いました。(全て税込)

 ThinkPad L540 20AV0078JPで、動作に問題は感じませんでした。
 そりゃまぁ、高スペックマシンよりは大幅に落ちるんだろうけど、ゲームが成立しない程ではない。

 早速、メニューを日本語化。
 MODとして公開されている、鈴鹿サーキットやら、首都高やら、日本の峠道も走ってみました。
 首都高、すごいわ。
 普段走り慣れている所を全開アタックってシビレルね。

 車として、ユーノスロードスターもあったんだけど、左ハンドル1.8LのMX-5で、普段乗っている本物(平成2年式の1.6Lモデル)との差異が気になって今ひとつ。
 吹け上がり悪いし、何より音が違っていてノレない。
 実車の方は、それなりにいじっているからなぁ。(もちろん車検通る範囲でですよ)

 セールの誘惑に負けて、「F1 2017」も買ってしまいました。(40%offで3,648円)
 Macでハンコンで遊べました。
 それについては、後日ね。

| ゲーム | 10:05 | comments(0) | -
Project CARS 2 Demo
Project CARS 2 Demo

 「Project CARS」は、無料の「Project CARS - Pagani Edition」 を遊んでいて、「2」はノーチェックでした。
 必要マシンスペックに「3.5 GHz Intel Core i5 3450」と書いてあったもので。

 サイトを何気なく漂っていたら、「Project CARS 2」にはDemo版があることに気がついた。
 で、インストール。
 ゲームに使っているThinkPad L540 20AV0078JP(8月に展示品処分4万円で買ったヤツ)は、2.6GHzしかないけど、内蔵グラボがHD Graphics 4600ってのが幸いしたのか、一応は動いた。
 が、ランボルギーニとフォーミュラはOKだったものの、フェラーリはNGでスタート画面へ行けない。(Demoで遊べるのはその3種)
 OKな車も、リプレイ動画が正しく表示されなかった。
 無念。
 でもまぁ、ちょいと遊べたからいいか。

 MicrosoftのForza Motorsport 7も、「スペック不足で駄目」じゃなくて(ダウンロード後に「駄目」と言われる)、少しは遊ばせてくれたらいいのに。(無料のForza6も同様)

 イキオイに乗って、バケツMacにBootCampでWin10入れて「Project CARS 2 Demo」を試みましたが、起動しませんでした。
 レースゲームは色々厳しいようで。(ForzaはBootCampの割当容量不足でインストール出来ず)

| ゲーム | 12:02 | comments(0) | -
ゲーム環境を整える
ハンコンセットアップ
ワークベンチ以外は有り物をやりくり

 「ハンコンの固定にワークベンチ」というのは、定番なのだそうだ。
 てことで、ホームセンターへ。
 今や、扱っているお店は少ないのね。
 結局、志木のビバホームの展示品を買いました。
 売り切れだったので、展示品を買ったのだけれど、組み立てる手間もなく、安くしてくれたので助かりました。(税込1,827円)
 それ以外は買わなかったので、他の材料は家にあるものでやりくり。
 以前買った激安プロジェクターも装着してみました。

激安プロジェクター、いいかも
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327799

プロジェクター
吊り下げ式に装着

 ただし、スクリーンは買い直しました。
 以前、安さに負けて60インチのロールスクリーンを買ったのだけれど(税送込1,999円)、あまりに面倒くさくて、プロジェクターの使用機会も無くす羽目に。
 今回は、40インチの自立タイプを買ってみました。(税送込4,180円)
 そのサイズじゃないと、AVアンプの横に置けないので。(ドア前に置くってだけなんだけどね)

 結果。。。。。。

 短焦点のプロジェクターじゃないから、結構画面が遠いんだけど、部屋を暗くすることもあって、ゲームセンター感は出ました。
 ドライブ環境としては、まだまだリアル感足りないけどね。(特にシフトレバーの位置がねぇ)

収納
立てかけて収納

 どんな具合か動画撮ってみました。
 「Project CARS - Pagani Edition」のタイムトライアルです。
 手前にあかり入れているので、実際に遊んでいる時とはちょと違うけどね。
 パドルシフトだと大丈夫なんだけど、シフターでクラッチ操作が入ると筐体が動いちゃうことがあるので、要改良です。
 5速入れようとして3速入っちゃってる場面あるし(笑)、アクセルのストロークに慣れなくてヒール&トゥでオーバーレブさせちゃってるし。



| ゲーム | 13:26 | comments(0) | -
クラッチを踏む
シフター
シフター届きました

 予定が早まって、昨日届きました。
 感触としては、ロードスターには程遠く、軽いスカスカな感じ。
「SW20型MR2のストロークを短くした感じ」と言って通じたらマニア過ぎですな。(笑)

 が。。。。。

 「DiRT Rally」が対応しない。。。。。。
 「Project CARS - Pagani Edition」は、辛うじて対応しましたが、車が現実離れし過ぎてる。そもそもPaganiは、基本セミオートマだし。
 てことで、Assetto Corsaか、Project CARSのセールを首を長くして待っておるので御座います。(たぶん、どっちも買う)
 特に、Assetto Corsaには、MODで国内の道路(首都高とか)があるようで、走りたくでウズウズです。
 ロードスター(NA8やらNDやら)もあるようなので(左ハンドルだけどね)、楽しみだなぁ。セールまで待てないかも。(笑)
 運転環境も良くしたいやね。(取り組みつつあるけど後日)

| ゲーム | 17:53 | comments(0) | -
DiRT Rallyにサイドブレーキ
サイドブレーキ
なぜマッキーなのか

 それは、そこにあったから。

 DiRT Rally、楽しいです。
 こればっか、です。(とはいえ疲れるので一日一時間くらいですが)
 タイムを出そうとガツンと走っているわけでもなく(全部英語なのでゲームのシステム把握していないし)、テキトーに流しているのですが、でも楽しい。
 シフターが届かないので(12/21までには届くらしい)、パドルシフトで走らせているのですが、林に突っこっじゃった際、ガチャガチャしないとリバースギアへ入れられないのがまどろっこしいね。
 あと、困るのがサイドブレーキ。(ハンドブレーキとも言う)
 デフォルトだと、ステアリング内のボタンに割り当ててあるんだけど、かなり無理がある。
 マニアは、独立したサイドブレーキレバーを設置しているそうで、そういうパーツも売られている。

 ふと、考えた。
 ハンコン以外にゲームパッドを繋いで、設定すればいいのでは?

 先日購入したロジクールのゲームパッドF310rを繋ぎ、レバーにサイドブレーキを設定。
 ツマミが小さいので、たまたま転がっていた「マッキー」を繋ぐパーツを3Dプリンターで作ってセットした。

 構想5分、製作時間一時間で完成。(3Dプリンタ出力時間含)

モデリング
123D Designでモデリング 両サイドはネジ穴に突っ込んで固定

サイドブレーキを引く
引くとこうなる 軸の針金はクリップを伸ばしたもの

 おおおっ、ラクに楽しいぞ。

 もっとも、タイムを出すにはサイドターンじゃない方がいいんだけどね。

| ゲーム | 12:18 | comments(0) | -
MacでG29、受難
DiRT Rally
結局、Winノートで「DiRT Rally」

 Macにも対応ってことで、Logicoolのハンコン、G29を買ったんだけど、手持ちの「GRID Autosport」には非対応。
 対応しているゲームって何だろう? と、探ってみた。
 すると、以下のサイトに「対応ゲーム一覧」があった。

ロジクールの販売ページ
https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/product/g29-driving-force

 Mac用、殆どないじゃん。
 リストにある「Dirt 3 Complete Edition」を探していたら、それは見つからず、後継ゲームっぽい「DiRT Rally」が、Steamのセールで1,216円だったので、買ってみた。(AppStoreだと3,800円)
 Steamで買うと、MacとWinの両方にインストール出来る。

 ところがどっこい!!
 バケツMacで起動したら「macOS 10.12.6を使用しています。このアプリケーションを使用するにはmacOS 10.13以降が必要です」とのことで、遊べませんでした。
 FileMaker11が使えなくなるので、まだ10.13にはしたくないんだよなぁ。
 チビどもが使っているMac miniは10.13なので、インストールしてみたのだが、スペック不足ということで立ち上がらなかった。
 Core i7/2GHzはともかく、Intel HD Graphics 3000ってのがネックなんだろうな。

 まぁ、Winノート(ThinkPad L540 20AV0078JP)で問題なく遊べたのでいいんだけどね。
 G29でのガツンとした運転感覚が、その昔乗っていたAZ-1に近いと気がついた。(ロードスターの方が軽快)
 あの軽自動車、ロックトゥロック2.2回転(G29は2.5)の小径ステアリング(とはいえ35cmだけど)で、パワステ無しだったんだよね。北海道の雪原でぐるぐる遊んでいたのが懐かしい。

追伸 「Euro Truck Sim 2」が570円になっていたので買いました。MacにもWinにもインストール、とね。

 Xacti HD2000でハンコン含めたプレイ中動画を撮ってみました。



| ゲーム | 12:54 | comments(0) | -
ハンコンでドライブゲーム
ゲーム
テスト的に無理やりセット(椅子はマッサージ付座椅子)

 ゲームネタ、続きます。

 ギックリ腰は、ほぼ治ったのに、天候不良で午後の御散歩撮はさぼってます。
 でもゲーマーへの道は着々と。(笑)

 Macでも使えるということで、LogicoolのG29というハンコンを買ったのですが、唯一買ったゲーム「GRID Autosport」には非対応でした。
 T300から変更した意味なかったです。
 「Euro Truck Simulator 2 Demo」は、色々設定を試して、なんとか使えるようになったけど、そっちはキーボードでもイケるゲームだしなぁ。。

 気を取り直して、Win10ノート(ThinkPad L540 20AV0078JP)にG29を繋ぎ、「Project CARS - Pagani Edition」をプレイ。
 当初、こちらもうまく動かなかったのですが、Logicoolのサイトからドライバと設定ファイルをインストールしたら、動くようになりました。
 USB差すだけで、一見動いているように見えるんだけど、色々手順を踏まないと駄目なのね。(ちなみに説明書にそんな記載はない)

 実際に遊んでみて、、、、、、、

 こりゃ大変だわ。
 フォースフィードバックが思ったよりキツくて、腕が疲れます。

 ゲーマーへの道は険しいね。(笑)

 以下、始めて一時間後の走り。



| ゲーム | 12:18 | comments(0) | -
ハンコン買いました
G29
ロジクール ドライビングフォース G29

 ようやく届いた!!
 これでゲームパッドとはオサラバだ!

PC用ゲームパッド
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327849

 ゲーマーへの道をジワジワ進んでおります。(笑)

 現在、ハンコンといえば、LogicoolのG29と、THRUSTMASTERのT300が2大巨頭らしい。
 値段としては、LogicoolのG29の方が、やや安い。
 評判としては、THRUSTMASTERのT300の方が高い。
 価格差は、シフトレバーを入れると、2万円を超えるようだ。(G29のシフトレバーは6千円くらいだけど、T300のは2万円以上する)

 でもまぁ、迷ったら高い方、てことで、T300に決定。
 丸ハンドルのプレステモデルではなく、Dハンドルのフェラーリモデル(税送込53,784円)を11/13に発注。(シフトレバーは発注せず)

 ところが、発注後(もともと納期数週間だった)、LogicoolのG29には、Mac用のドライバが存在することに気がついた。

G29 サポート
http://support.logicool.co.jp/ja_jp/product/g29-driving-force

 てことで、11/18に、急遽、T300をキャンセルし、G29へ変更。(税送込44,846円)
 T300より安くなったので、シフトレバー(税送込5,636円)も同時発注。
 どちらも、納期が1ヶ月以上となっていた。(1/5までには届けるよんってヤツ)

 ところが、ハンコンだけは、11/26に届いた。シフトレバーの方は納期が「12/24まで」に変わってます。
 さぁMacにドライバをインストール、と、思ったら、リリースノートに「G29 Driving Force は、GRID Autosport ではサポートされていません」と書いてあった。
 がーん。

 使用リポートについては後日ね。

| ゲーム | 12:56 | comments(0) | -

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES