うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
<< smartK、売ります | main | 遭難対策としてのキッズケータイ >>
電気自動車を売ろうパートツー(笑)
 2009年3月4日に、電気自動車(以下EVと表記)をどう売るか、というのを書いたんだけど、その続編。
 なんでこんなこと書くかというと、単純に、私が欲しいからでありまする。(笑)

前回のは、こちら
http://akirak.ipm.jp/?eid=1179805

 世界中で、EVは売れていないらしい。
 世界は置いておいて、日本に限っても、メーカーの期待値を大きく下回っているそうだ。
 さもありなん。
 単純な比較では、ガソリン車に劣る乗り物だもんね。
 最初の売り方も失敗だったかな。
 コストの話をしちゃった。
 1km1円で走るとかね。
 ガソリン車とは、全く違う乗り物であることを、もっともっとアピールすべきでした。
 違う乗り物として作るべきだったんだよね。

 やはり、初代プリウスのやり方は優秀でした。
「21世紀に間に合いました」だったもんね。プリウスはハイブリッドという新技術、EVは、過去の技術(しかも2度敗退)の焼き直しというハンディは大きいか。(苦)

「EVは安いのか?」と、興味を持った客は、やがて実際には全然安くないことに気がついて、騙されかけたような気分になり、「買わない」。
 騙されかけた気分になっているから、再び興味を持って貰うのは大変だよね。

 最初からEVを買おうなどど考える人は、簡単に言うと「ヘンジン」で、ターゲットをそこに絞っても良かったよね。そもそも何万台も売らなければならなかったモノでもなかったんだし。

 余談はさておき、現状での理想を考えよう。

 日産がリーフ用に販売しているリーフtoホームが鍵だと思うんだけど、どうなんだろう?

http://ev.nissan.co.jp/LEAFTOHOME/

 日産リーフ用なんだけど、作っているのはニチコン。

http://www.nichicon.co.jp/products/v2h/index.html

 もうね、車単体で買ってくれる人には行き渡っちゃったんだと思う。
 以前も書いたけど、EVは、一戸建てのオプションパーツとしての道しかないんじゃないかな。
 災害対策用としても有効な、動ける蓄電池。
 夜間の安い電力を溜めて、日中に使うことでピークシフトにも寄与するし、いざとなったら乗って逃げられる。
 平日の昼間に車を殆ど使わないって家庭は、郊外一戸建て組には多いと思う。
 ところが、こういう家庭は、休日に遠くへ車で出掛ける、もしくは駐車場の広いショッピングセンターへまとめ買いに出かけちゃったりするんじゃないかな。(そうしないなら、そもそも車不要だし)
 とすれば、EVはセカンドカーでしか有り得ない。

 むむむ。

 ファーストカーとするならば、プラグインハイブリッドしかないってことか。
 EVを出先で充電なんて行動は「ヘンジン」じゃないと無理です。ヘンジン以外に売ることがテーマなので、これは除外。

 プラグインハイブリッドが、リーフtoホームを使用して、ってのが理想なのかも知れない。
 と、いうか、そういうのが欲しい。

 我が家の場合は、自動車通勤者のオクサンと、自宅勤務が多い(笑)私と、チビ2人。
 通勤用の小型車と、河原にも入れるRV車的な車の2台体制が理想。
 大きい方は、休日以外には、あまり利用しない。
 そう考えると、三菱のアウトランダーPHEVは、いい線いってるんだよね。
 4駆なので河原にも入れるし、災害対策用としいもいい。
 あれがリーフtoホームしてくれれば、すごく説得力がある。
 三菱には、予定がないそうだけど、なんでだろうね。
 少なくとも、私は買うよ。外観が駄目駄目で、4駆なのにスペアタイヤ積めなくてもね。(笑)

 でも、方向性としては、こっちでしょう。

ホンダ マイクロコミューター
http://response.jp/article/2013/02/14/191195.html

 大人ひとりと子供2人のEVなんて、保育園送迎車に理想的じゃないですか!(うちがREVAiを買った理由がコレだし)
 子供は、すぐに大きくなっちゃいますから、行政補助で、子育て支援リースなんて、いいと思うんだけどな。
 悪天候の中、3人乗り自転車送迎なんて、危険極まりないですよ。(トラックにひかれる死亡事故があったよね)
 チビ車なら、軒下に置けそうだもんね。
 コレが、今買えるなら、即決買います。
 来年なら、チビ2人の送迎から開放されている筈だから、買いません。(笑)

 さて、EVは、どうなるのやら。。。。(うちのREVAiに関しては、近日発表!・笑)
| REVAi(電気自動車) | 15:45 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES