うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
<< 12-32mmにレンズフード | main | ハンドリューター新調 >>
3Dプリンタで「びー」
びー
先代のビーグル犬です(背中の白い部分も再現)

 「なんばった」がウケたので、うちのビーグル犬「ビリー」を作ることにした。
 が、その前に、先代の「びー」で練習。

 先日、123D Designをダウンロードした時に、iOS用ソフトの「123D Catch」というソフトの存在を知った。
 大量に写真を撮ってサーバーへ送ると、自動的にモデリングをしてくれるらしい。
 しかも無料。
 すげぇ。
 3Dスキャナー不要じゃん。

 てことで、某オマケのビーグル犬マスコットで試してみた。
 すげえ。
 いけそう。

 もっと本気で写真を撮る。

撮影
PHOTO CUBE ProとLEDライトで

 激安ターンテーブル(ケーキ用だけどね)を買って、ぐるぐる回しながら撮ってみた。

 出来たデータはWeb経由でダウンロードし、Blenderで調整。
 XYZware経由でダヴィンチJr.出し。

 削って、サーフェーサー500(新たに買ってきた)を吹き、パテ盛り、磨き、ベースホワイト1000(先日間違えて買ったヤツね)を吹き、磨き、塗装し、完成。
 なんかちょっと、いいでしょ。
 チビどもによると、「手と顔が繋がっていて変」という評価なのですが、そこんとこ「昔の射出成形ソフビ人形みたいで可愛い」と思ってたのに。(もちろん切り離す造形に修正して出すことも出来た)
 123D Catchからのフィギュア制作、ハマリそう。

比較
ビリーは「耳かじられ」を再現(自動出しなのにサイズが違う)

| 電子工作(単なる工作も) | 14:48 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS