うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
<< ボディカバー新調 | main | 自宅サーバー停止 >>
NASのHDD瀕死によりAmazonクラウドストレージへ
故障HDD
2012年10月製だもの、そらアカンわ

 2016年7月20日に、AmazonがUnlimitedストレージを年額13,800円で提供すると発表した。
 翌日の昼前に、うちのNAS(2012年12月購入のNETGEAR ReadyNAS Ultra2)から不吉なメールが届いた。
「2台のうちの1台のHDDが故障しそうだ」という。いわゆるSMART機能の警告だ。
 具体的には、こんなのね。

Detected increasing reallocated sector count[1240] on disk 1 [ST2000DM001-1CH164, W1E1CE49] 17 times in the past 30 days. This often indicates an impending failure. Please be prepared to replace this disk to maintain data redundancy.
(機械翻訳)過去30日間に[W1E1CE49、ST2000DM001-1CH164]ディスク1に17回を再割り当てセクタ数[1240]増加が検出されました。これは、多くの場合、差し迫った障害を示しています。データの冗長性を維持するために、このディスクを交換できるように準備してください。


 その後も、数分置きにメールが届く。
 一旦、NASを停止して、対策を考えた。
 HDDの交換とか、新しいNASの選定やら、見積やら、色々検討。

 が、、、、、、

 これは啓示かも、てことで、AmazonのUnlimitedストレージを申し込み、データのコピーを試みた。
 コピーしつつも、定期的(約3分おき)にNASからSMART警告のメールが届く。
 コピー終了が早いか、HDDが死ぬのが早いか。
 もし死んでも、もちろんバックアップはあるんだけどね。(NASデータは、ぶら下げてあるUSB-HDDに、まるっとバックアップされている)

 3.5TBアップするのに12日もかかったよ。(デカイ動画が多いからだろうね)

 写真が勝手に日付順に並ぶの便利! と、思ったら、RAWは非対応なのね。(DNGはプレビュー出るけど)

 でも、共有フォルダで巨大データ(今回は160GB)を受け渡せる機能だけでも、契約する価値あるのかも。

 ついうっかり、1TB分をダウンロードしたら3日かかっちゃったけどね。(まぁ、そんなものか)

 NASは、2TBx2から、2TBx1にして、ぶらさげるUSB-HDDも2TBに。
 しばらくは、これでいきます。

SMART情報
壊れたHDDのSMART情報(左はOKなHDD)

| 電化製品とパソコン関連 | 18:27 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES