うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
<< 今日も近所散歩撮 | main | 夏日のようだけど御近所撮 >>
はやばやと、夏のお出掛け計画
フェリーの露天風呂
新造船「あざれあ」露天風呂(Webから勝手に転載)

 うちは、世間の夏休みと微妙にズレるので、それが良かったり、悪かったり。
 今年の前半戦は、7/21〜25の5日間。

 当初は、チビチビ(小4の下の子)のリクエストもあって、新島へ行くつもりでいた。
 2015年に行ったのが良かったらしい。

マイカー新島チャレンジ(2015.7.20-23)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327332

 ただし、オクサンとチビ(小6の上の子)は、「フェリーあぜりあ」でゲロゲロだったので、車と一緒で新島行きは嫌なんだと。
 東海汽船には、午後便になっちゃうけど、46%引きでジェットフォイルに乗れる切符がある。
 ただし、往復が取れる有効期間が4日間。

ホワイトビーチきっぷ・サマービーチきっぷのご案内
http://www.tokaikisen.co.jp/info/info_0000769.html

 てことで、7/21〜24で計画。
 トーチャンだけで、下田から「フェリーあぜりあ」で車を新島へ運ぶ計画だった。
 ところが、潮位の関係で、7/23-27はフェリーで車が運べないとのこと。
 てことは、行きは良いものの、帰れず、トーチャンだけが、少なくとも7/28まで新島滞在の必要があり、なんてステキな! だったんだけど、結局却下となりました。(無念)

 代わって浮上したのが北海道。
 オクサンいわく、「チビたちが小学生で安いのは今年まで」だからだそうだ。

 私が飛行機拒否なので、船です。

 新日本海フェリーの新潟〜小樽便が6/28から新しくなるので、とても魅力。(船好きなもので)

 喧々諤々紆余曲折、結局、こうなりました。

7/21(金)青森まで自走、津軽海峡フェリーで函館入、ペンション素泊
7/22(土)道内観光 無料キャンプ場泊
7/23(日)道内観光 無料キャンプ場泊
7/24(月)道内観光 新日本海フェリー 小樽港 17:00発
7/25(火)新潟港 9:00着 新潟ちょい観光後、帰宅

 過酷だ。
 いつも通りか。
 往復とも小樽便にしないのは、函館夜景をプランに加えたため。
 他に、函館朝市、アイヌ民族博物館、札幌時計台、然別湖、ばんえい十勝、ふらの、旭山動物園、小樽オルゴール堂、新潟市歴史博物館へ行くんだってさ。
 死ぬぞ。(確実に走行距離2,000kmオーバー)

 初日、13:10までに青森のフェリーターミナルへ行く必要があるので(函館夜景に間に合わせるため)、3時出発では遅いのか!?
 新潟経由の日本海ルート採用だし。(770kmあって東北道ルートより50km増しなんだけど、一部一般道や高速道路無料区間があって楽しそう)
 津軽海峡フェリーは、14,800円で家族全員と車も運べてお得です。(数量限定だけど)

津軽海峡フェリー
http://www.tsugarukaikyo.co.jp/plan/umiwaridrive/

 帰りの小樽〜新潟は、一番安いのが取れなかったので、ちょっと贅沢してみました。
 こういう割引があったからなんだけどね。

新日本海フェリー 家族割
http://www.snf.jp/campaign/family.html

 料金の計算が複雑なんだけど、設備の整った(ビジネスホテル同等かな)海側の4人部屋で(ステートルーム)、5m未満の車を含めて家族4人で51,230円でした。
 新造船「あざれあ」の、外に面した露天風呂がめっちゃ楽しみなんですけど!(その昔、ジャグジーあったけど、あれは内側だった)

 夏休み後半戦は、岐阜へ墓参りに行くくらいかなぁ。
 先日、婆さんが102歳で亡くなったので新盆だし。(三宅島に着いた日に電話がかかってきたので葬式に行っていないし)

 体調、整えないとね。

 どうでもいいけど、このスタンプラリー、ハードル高いな。(応募が「冊子ごと郵送のみ」ってのもなぁ)

どうなんxあおもりスタンプラリー
http://www.tsugarukaikyo.co.jp/stamprally/

| レジャー | 14:15 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES