うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
<< 網の張替え | main | 久々に御近所御散歩撮 >>
またしても、ピザ釜
尾上製作所 コンパクトピザオーブン ON-1781
ピザピールが使いやすくて良かった

 家でもキャンプでも、トーチャンがピザ担当です。(基本は生地から手作り)

 欲しかったのは、ピザピール。
 先日、某所でBioLite BaseCamp+ピザドームで「買ってきたピザ」(体調不良だったので)を焼いた時に、ピザピールがなくて不便だったのだ。
 ペーパーを敷かないで、ピザ石に直接生地を置いた方が上手く焼けることは、よくわかった。
 が、小さいヘラでは不便。

 アマゾンでピザピールを検索したら、3千円近くする。
 前々から気になっていた「尾上製作所 コンパクトピザオーブン ON-1781」が、ピザピールが付属していて4,350円(アマゾンで税送込)。
 うーむ。
 ポチってしまいました。

 BioLite BaseCamp+ピザドームの立場が。。。。。。

 それと、そういう機器でピザを焼く場合、生地の薄いタイプじゃないと駄目だよねぇ。
 家庭用のオーブンや、コールマンのオーブン(ピザ用じゃないヤツ)だと、200度くらいまでしか上がらないので、生地が厚めのパンビザのようなのがいい感じなんだけど(チビどもは、そっちを好む)、そのノリで高温になるピザオーブンを使うと焦げ過ぎちゃうんだよなぁ。

 これで駄目なら、いよいよ、まるっと耐熱陶器でできたヤツかねぇ。

 あ、、、、、、
 今、発見したんだけど、カインズホームだと、普段でも3,980円(税込)で売っているみたいだね。
 しかも、8/21までなら、2,980円(税込)という情報もある。

コンパクトピザオーブン
http://www.cainz.com/shop/g/g4907797017814/

 新座市のカインズホームは、今、建設中らしいです。(無念)

 気を取り直して、初使用リポート。

 石が薄くて幅が狭いのに、ちょとガッカリ。
 短辺が25cmなので、市販のピザで困ることはないサイズだけど、BioLiteのは30cmあるし、厚い。

 キッチンで、市販のピザを焼いてみることにした。
 七輪用のゴトク(買ったまま放置だった)と、BioLite BaseCampの円網(丈夫そうだったので)で炎からの距離をとり、輻射熱で周りに被害が出ないように、Seek Thermalで監視。

ゴトク
7cmくらい上がった

温度監視
良い子は絶対やっちゃいけないぞ(輻射熱すごい)


 本体の温度計が230度になったので(火力は中の上くらい)、常温に戻しておいたピザ投入。(火力は下げた)
 3分でやめときゃいいのに、窓があって中が見えている分、油断して4分焼いて、焦げました。

焦げた
焦げても美味しかったけどね

 結論としては、メーカー推奨の利用方法じゃないと駄目だな。
 中央部のみに火力があるコンロは向かないね。
 大きな炭のBBQコンロに載せて使うことが推奨されているんだけど、そうすれば、石の左右からも熱気が上がって、ピザの上部も程よく熱せられると思う。
 本体は、ペラペラのステンレスだから、熱を保持してくれないんだよなぁ。その点は、BioLiteのピザドームのフタの方が肉厚なので有利だね。

 さて、どうしようかな。
 欲しい人、いる?
 ピザピールはあげないけど。(笑)

ピザ焼き
石の両サイドから熱気が上げるセッティングにしないとね

| たべもの | 13:47 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES