うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
<< モビリオ車検 | main | WinノートのWin10化 >>
一周まわってK-5
K-5+100マクロ
K-5+旧型100マクロ

 「もっと快適に昆虫撮影がしたい」というのがテーマになりつつあります。
 GX7+ペンタ旧型100マクロの組み合せで撮っているのだが、MFオンリーだし、絞り開放でピント合わせ出来ないし、Exif情報がシャッタースピードと感度しか記録されないし。
 それを解消する手段を色々考えてみたのだが、どれも決め手に欠ける。

 ふと、思った。

 原点回帰、と、いうか、唯一残しているペンタックス機、K-5に100マクロを付けて撮るのはどうだ?
 その組み合せでは、数回、町会で育てているホタルを撮っただけで、持ち歩いて昆虫を撮ったことがない。(フィルム時代に買ったレンズなんだよね)

 てことで、初、持ち出してみました。

 バッテリーグリップを外して、ストラップ込み装備重量1,181g。(GX7セットから243g増)
 重いけどAF使えます。
 APS-Cなので、換算150mm。

 ライブビュー撮影はできるけど、ピーキング機能はないので「手を伸ばしてカメラだけ昆虫に近付けて」、なんて時はAF頼り。
 と、いうか、連写中はモニタオフになるので、テキトーに勘ですな。
 モニタは動かないから、ノーファインダーで振り回しているのに近い。

 ファインダーでプレビューできないから、どう撮れたか、直後にはわからない。
 モニタで見ても、老眼の身にはツライ。
 普段、いかに楽しているかを痛感。

 でも、光学ファインダーは見やすいし、ピントも判りやすい。(そりゃまあ、絞り開放で見ているのだしね)

 で、ひとまわりしてきた結果。(駅前と市役所に用事があったので散歩してきただけ)

 やっぱ、APS-Cって高画質だよね。
 撮像素子がm4/3より大きい分、より絞る必要があって、より高感度が欲しくなるんだけど、Lrでいじる耐性が全然ある。
 撮像素子によるブレ補正のために、思ったようなフレーミングになっていないこともあって困ったけど。(撮影直後にファインダーで確認できないからねぇ)

 でもまぁ、高画質だからといって、APS-Cの一眼レフには戻れないなぁ。
 重いし、ファインダーでのプレビューがねぇ。

 時々、m4/3系の掲示板に「m4/3を盛大にDisる輩」が現れたりするんだけど(今も価格.comのGH5板に湧いてますな)、「APS-Cやフルサイズより画質が悪いのは承知で使っているんだよバーロー」、と、言いたい。「カメラとしてどうでしょう?」なんて、カタハラ痛いわ。(笑)

 うーむ。

 てことで、K-5+旧型100マクロ、RAWより現像撮影順に公開。(詳しくはExif見てね)

キタキチョウ
キタキチョウ

ホオズキカメムシ
ホオズキカメムシ

ハラナガツチバチ
ハラナガツチバチ

イチモンジセセリ
イチモンジセセリ

アオバハゴロモ
アオバハゴロモ

アブラゼミ
アブラゼミ

ツクツクボウシ
ツクツクボウシ

ツマグロオオヨコバイ
ツマグロオオヨコバイ

ジョロウグモ
ジョロウグモ
 クロハナムグリ食べてますね

クロヒカゲ
クロヒカゲ

オオトビサシガメ
オオトビサシガメ

ヤブキリ
ヤブキリ

カナヘビ
カナヘビ

キボシカミキリ
キボシカミキリ

ミドリカミキリ
ミドリカミキリ

ウリハムシ
ウリハムシ

ヤマトシジミ
ヤマトシジミ


| 撮影&天体観察 | 16:03 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS