うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
<< GC-XA1、死す | main | 久々に御近所御散歩撮 >>
SwitchBotで風呂と床暖房を制御
SwitchBot
日本語の簡単な取説付き

 任天堂とは無関係です。

 Bluetoothやネット経由で、スイッチを物理的にONする装置です。

SwitchBot
https://www.switch-bot.com/

 うちでは、2015年1月からeRemoteが稼働していて、エアコンの制御に欠かせないものとなっています。

スマホで家電をリモートコントロール
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327238

 当初は、それを利用して物理的にスイッチを押す装置を作り(eRemoteは赤外線のリモコンを制御できるので)、風呂の「お湯はりボタン」を押すつもりでした。
 が、情報を集めていたら、SwitchBotやら、Microbot Pushといった製品があることを知ってしまいました。
 試しに、SwitchBotを見積もってみたら、スイッチ2個と、「ハブ(SwitchLink)」という、ネット接続のための中継機器一台で、計95ドル。日本への送料が、たったの10ドルと判明。ただし、最長一ヶ月かかるとのこと。(空輸だと送料22ドル)
 10ドルってすごいな、てことで、ポチってしまいました。PayPalの支払いは11,948円だったけどね。
 9月5日に発注し、届いたのが29日でした。

SwitchBot給湯
給湯ボタンと

SwitchBot床暖
床暖ボタンにセット

 設定は、取説じゃなくて、ネットの情報を参考にしました。
 アプリが、少々進化していました。
 iPhone5s(SIM無し)と、Androidタブレットにアプリをインストールしましたが、デバイスとヒモ付されるわけではないので、Bluetooth経由で、どちらからもSwitchBotのコントロールが可能でした。

 ネット経由は、AndroidタブレットにしかSIMが入っていないので、そちらでテスト。
 無事、動きました。
 ネットからの操作が行われた場合、ハブが派手に光ったままになります。
 タブレットの操作で消せるのですが、ちょと鬱陶しいです。おそらくセキュリティの警告なんでしょうけどね。

 以下、ちょと動画を撮ってみました。
 ネット経由の場合のデモです。



 便利、というか、なんか楽しい。
 スイッチの方を、もっと買っておけば良かったかな。

| 電化製品とパソコン関連 | 09:56 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS