うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
<< ドローン講習会 | main | NAS 3号機の修理 >>
150mmマクロ再登板
ヘラクヌギカメムシ
ヘラクヌギカメムシ

 イキオイで買ったシグマの150mmマクロには、ちょと早まった感があり、登場機会を失っていた。

150mmマクロで鳥と虫、無理(2018.3.26)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327975

 シグマ105mmマクロが、そこそこイケてた、というのもある。
 しかし、シジミチョウシーズンに入り、散歩で良く会う蝶撮おじさんと一緒の時、ちょと困ったことになる。
 距離感が違うのだ。
 蝶撮おじさんは、鳥も撮れる望遠ズームで蝶も撮っているので、遠くから蝶を撮る。
 私は105mmマクロなので、寄りたい。
 で、逃げられる。
 と、いうか、じわじわ逃げられるまで寄りつつ撮る。
 つまり、おじさんと一緒になった時は、おじさんが存分に撮ってから私が、ということになってしまうのだ。
 てことで、私が撮り始める前に逃げちゃうこともあるんだよね。

 あと、105mmマクロの逆光耐性のなさが衝撃的だった。
 フレームに太陽が入っていなくても、レンズに直射が当たるだけで(とてもとても浅い角度でも)、コントラストが盛大に下がる。(Lrで「かすみ除去」フィルタが活躍)
 150mmマクロがマシだという保証はないけれど、少なくとも画角が狭まる分、良いような気がする。

 てことで、重い150mmマクロの再登板なのでありました。

 結果、イケるんじゃね?
 てことに。
 105mmマクロと比べて、明らかにヌケが良くて、105mmは、何か不具合を抱えているのかも知れないな。
 重くて大変だけど、もちょっと頑張ってみようかな。(動画は無理っぽい)
 150mmな距離感って、ちょと新鮮だし。

 G8+シグマ150mmマクロRAWより現像ノートリ撮影順。

カメムシ
ヒメハサミツノカメムシ のメスなのか? まるで自信なし

ヤブキリ
ヤブキリ

コミスジ
コミスジ

ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ

コミスジ
コミスジ

ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ
 羽根を広げた所は珍しいので遠いけど

マミジロハエトリ
マミジロハエトリ

アカシジミ
アカシジミ
 105mmだったら諦めていた距離

サトキマダラヒカゲ
サトキマダラヒカゲ

オオシオカラトンボ
オオシオカラトンボ(メス)
トンボはシーズン初ですな

クロウリハムシ
クロウリハムシ

| 撮影&天体観察 | 15:42 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES