うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
<< 平林寺、入場無料デー | main | ナビのファームアップ >>
いやはや、なかなかに難しい
国立競技場
国立競技場は結構出来てた

 愚痴っす。
 国立競技場の写真を載せたかった、てのもあるけどね。

 ずーっと調子悪くて、結果的に、病院を転々とする羽目になっているんだけど、日本の医療スタイルの駄目さ加減が身に沁みてます。
 無駄多過ぎ。
 紹介状があって移っているのに、笑っちゃうくらい同じ検査。

 色々書こうと思ったけど、疲れたからやめときます。

 今日は、新座志木中央総合病院(国立埼玉病院への紹介状を発行)で2月に撮ったMRI画像(国立埼玉病院の先生が取り寄せたデータ)が入ったDVDと、国立埼玉病院からの紹介状を持って、慶應義塾大学病院へ行ってきた。
 帰りに、建設中の国立競技場をチラ見。

 画像データの入ったDVDは返却されたので、中を見て見たんだけど、良く撮れてるねぇ。
 てことで、3枚だけ載せておきます。

MRI1

MRI2

MRI3

 今後、どうするかは、明日以降、動くとします。
 予約を3つも入れられちゃってるけど、慶應義塾大学病院は、遠いから、もう行きたくないなぁ。
 「聴力検査の経過をみたい」って、それ、国立埼玉病院でもやってるし(ベーシックな検査を期間をあけて何度もやる)、検査って、検査日と検査の結果を聞く日が別に設定されるから、行くだけで大変。悪化しそう。(笑)
 怒る先生とか嫌なんだよね。(キャンセルの電話しないとな)
 そもそも、新座志木中央総合病院の耳鼻科の先生も、国立埼玉病院の耳鼻科の先生も「耳関係なくね?」(もっと言えば、最初にかかった新座病院では耳関連は全く調べられず)ってなっているのに、まだまだ耳関連かよ、っていうのは萎える。(国立埼玉では、耳に冷気を入れて、なんて検査もやっているし)

 そもそも、国立埼玉病院の先生が「髄液漏れ」を疑って紹介されたはずなのに、慶応には調べる設備がなくて、もし調べるなら川崎病院で要入院。しかも最短でも「6/28に検査日を検討する」ってんだから、いつ検査してもらえるのやら。

 命に別状ないとはいえ、いやはや、いろいろ厳しいよ。(嘆)
| できごと | 19:19 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES