うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
<< シジュウカラ巣立ちました | main | いつもの装備で御散歩撮 >>
ストロボディフューザーでマクロ
DSD-CL2L
HAKUBA クリップオンストロボディフューザー 2WAY L DSD-CL2L

 マクロレンズで虫撮ってます。

 身軽に現場撮りなもので、いつもは、自然光、ストロボ不使用です。
 他に人が居たりすると、ストロボ発光は嫌われますしね。

 図鑑用の写真なんかは、被写界深度を稼がないといけないので、絞ってストロボどかんで撮るんじゃないかな。

 たまには真似てみようかな、と、ストロボ撮影を試みてみました。

 うちのどこかに、貰ったSUNPAKのリングストロボがある筈なんだけど、発掘断念。
 ニッシンのMG10に、ディフューザーを付けて試してみました。MG10はワイヤレス発光なので、ライトの位置自由だしね。
 ディフューザーは、新たに購入。(アマゾンで2,186円)
 この手の商品は、使う機会なかったんだよね。小型ストロボの場合、直か天井バウンス運用だったからなぁ。

 ストロボ操作で手がふさがることを考えて、AFの効くパナライカ45mmマクロにしてみました。

 結果。。。。。。

 そんなに楽しくないな。
 やっぱ、色々面倒くさい。
 ちょーがっかりだったのが、AFが駄目駄目だし、ストロボのTTLは、全く使い物にならない。
 結局のところ、ストロボを離して持って、光量1/8に固定し、撮ってきました。
 片手にストロボ、片手でカメラを持ちつつ指を伸ばしてピントリングを回すなんて、曲芸かよ。(笑)

 今後出番は、、、、、、ないかな。(笑)

 G8+45mmマクロ+ストロボ(MG10)RAWより現像ノートリ撮影順。
 絞り過ぎは良くないんだけど、テストということで、全てF22で撮影。(SSは1/160)

チャバネアオカメムシ
チャバネアオカメムシ

ナナホシテントウ
ナナホシテントウ

ヒラタアブ
ヒラタアブの一種

ヨコヅナサシガメ
ヨコヅナサシガメ

ヘラクヌギカメムシ
ヘラクヌギカメムシ

クヌギクサミカメ
クヌギカスミカメ

コハナグモ
コハナグモ

ミナミヒメヒラタアブ
ミナミヒメヒラタアブ

マルカメムシ
マルカメムシ

ササグモ
ササグモ

クロハナムグリ
クロハナムグリ

ヒメウラナミジャノメ
ヒメウラナミジャノメ

ダイミョウセセリ
ダイミョウセセリ

コアオハナムグリ
コアオハナムグリ

アシナガバエ
アシナガバエ

バラルリツツハムシ
バラルリツツハムシ

クロツヤクシコメツキ
クロツヤクシコメツキ

アリグモ
アリグモ
アシナガオトシブミ
アシナガオトシブミ
 レンズ最短寄り



| 撮影&天体観察&顕微鏡 | 15:03 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES