うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
<< 今日も頑張って捜索お散歩撮 | main | スマートメーター故障なのか!? >>
手術回避の決断はしたものの
シンチ
シンチの画像をROMで貰ってきたけどこれで何がわかるのやら

 なんの解決にもなっておりませぬ。
 結論先送りとも言えぬ状態なのかも。

 ROMで貰ってきたデータは、領収書に「レントゲンコピー(医療機関宛ではないもの)」って書いてあるんだけど、これって、詳細データは他にあるってことなのかな。場合によっては、医者の同級生に見せようと思っていたのに。

 余談はさておき、予想通り、と、いいますか、慶応の先生も「明確な髄液漏れは確認できない」ってことで、以前、事前予約を入れてあった手術の検討に入ったのだけれど(数ヶ月前に10/17をおさえてあった)、どうも、なんだかなぁ、という感じ。
 そもそも、なんか、威圧的なんだよなぁ。そりゃまぁ、忙しいので、患者の相談に乗っているバアイではないのはわかるんだけどね。
 でもさぁ、費用も気になるじゃん。一週間くらいの入院らしいし。
 切るか切らぬか、すぐ決めろと迫られても、保険会社とか家族にも相談したいじゃん。
 全身麻酔で呼吸器つけーの、オシッコ管通しーの、に、なるんだし。
 経験あるんだけど、全身麻酔、怖いんだよね。
 先生からは「切らないとハッキリしたことわからないし治るとも限らない」と言われている。
 悲しいことに、今んとこ、原因不明なことには変わりがないんだよね。

 とりあえず、の、猶予をもらって、病院内からオクサンと保険会社に連絡して(手術名と手術コードを知らせて保険金が出るのかを聞いた)、保険会社の方は、返事待ちに。
 先生との2度目の面談時間になっちゃって、決断できず、10/17の手術は中止にしました。

 再び手術の予約を取るには、3ヶ月以上はかかるんだと。

 ちなみに、予定されていた手術は、「内耳瘻孔閉鎖術(K327)」で、費用はスムーズにいって18万円くらいだそうだ。(入院費別)
 私が入っている保険では、日額の入院費(ただし5日目からしか出ない)の他に、手術給付金が出るので(今回のだと20万円)、それなりに助かりそう。
 20万円が出るとわかったのは、手術中止を決断して病院を出てからだったけどね。

 とはいえ、とりあえず中止です。
 過去には、地方の救急医療センターへ駆け込んでしまったこともあるけれど(函館ではお世話になりました)、「死ぬことはない」というのがねぇ。。。。。。
 横になっていることも多いんだけど、それなりに慣れてきたし。(駄目なときは駄目だけどね)

 ちょっと、色々考えるとします。

 やれやれだなぁ。。。。。(次の診察予約が12/12に入れられているけど)
| できごと | 19:22 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES