うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
<< 暗くて涼しいけど御散歩撮 | main | アオちゃんにヒーターを >>
雨天なのでオッサンの望遠レンズについての戯言
150-500mm
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG HSMとテレコン2本

 オッサンの昔話です。

 今でこそ、望遠レンズで鳥撮っていたりしますが、その昔は、趣味撮で望遠レンズといえば飛行機撮でした。
 たまにはポートレートも撮ったけどね。
 というのも、当時、一般ピープルが手に入れられる望遠レンズは、せいぜい200mmまでで、ポートレートレンズとしても有効だったのだ。
 サンニッパと呼ばれる300mmF2.8レンズも流行っていたけれど、とても高価だったし、サンニッパでウエストレベルのポートレートを撮ろうとすると、叫ばないとモデルまで声が届かない。普通に声が届く所まで近付くと被写界深度浅すぎて絞ることになり、F2.8意味ねー、ってなるしね。

 飛行機だと200mmでは足りず、テレコンを使ったりする。
 たいていリアコンバーターで、1.4xだったり、2xだったり。
 テレコン使うとファインダー像が暗くなるので、ピント合わせが難しくなる。(基本的にAFは無理)

 80-200mmF2.8クラスのレンズは、フィルム時代の末期に大ブームがあり、シグマ、トキナー、ニコン、ペンタックスと、色々買って使った。
 最も印象深かったのがペンタックスのパワーズーム付きのレンズで、レンズにボタンがついており、ズームポジションをプリセット(ボタンを押すと予めセットしておいた焦点距離にズーム域が移動する)できたのが、めっちゃ便利だった。AF-MFの切り替えが、ピントリングを前後に動かしてクラッチを入れる感じでわかりやすく(そういうレンズは今でもあるよね)、しかもMFでの挙動が確実で使いやすかった。
 キヤノンが超音波モーターで「フルタイムマニュアル」なんてやっていたけど、初動にもたつきを感じて今ひとつだったんだよなぁ。結局スイッチで切り替えるわけで、その点、レンズから手を離さずに切替できるピントリングクラッチ方式は優秀だった。

 モーター方式のピントリングについては、今使っているパナライカのの100-400mmは、20年前のキヤノンのレベルにも遠く及ばないくらいクソなのが悲しい。
 いやもう、この部分がキヤノンやシグマのHSMレンズ並だったら、こんなに悩まないのよ。
 シグマのモーター式ピントリングといえば、売りに出している150mmマクロがそうだったんだけど、マクロなピント合わせにも対応するくらい優秀で、パナソニックよ、頼むからシグマに作ってもらえ、って思うよまったく。

 フィルム時代の昔話から、デジタル時代に話が飛ぶんだけど、最近の到達点としては、K-5+シグマ150-500mmってのがある。
 ほとんど不満がない。(ピントリングとズームリングが逆位置だったもっと良かった、とは思う)
 飛行機撮での最後の出撃は、これ。(写真の比率がm4/3だと4:3、APS-Cだと3:2なんだよなぁ)

入間航空祭2015(2015.11.3)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327379

 撮影はオールMF。
 公開している以外にも色々撮っているんだけど、未だに、このレベルに達していないと思う。
 昨今は、m4/3のG8にパナライカの100-400mmなんだけど、イライラしながら撮ってるもん。

 機材の入れ替えは、機材の重さに人間が耐えられなくなったから。
 目も弱ってきたから、可能ならAFで、というのもあった。

 鳥撮で、最後に振り回したのはこれか。(これ以降も数回近所御散歩撮には持ち出しているけど)

鳥撮は、150-500mmから始まった(2017.2.22)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327642

 なんか、疲れながらも楽しく撮っている感じがするなぁ。
 飛びモノについては、パナより撮れているし。
 と、いうか、もっと遡っても、飛んでる鳥については、150-500mmの頃は普通に撮っているのに、パナになってから殆ど撮れていない。

 ちょっと昔の望遠レンズで飛行機撮影の話に戻って、テレコンの追加話。

 テレコン(リアコンバーター)って、必要だと思ったらすぐ買え、てのがある。
 カメラレンズ全般に言えることかも知れないけどね。
 買おうとすると生産中止、なんてことがあるからね。

 上の写真に写っているテレコンは、2個とも生産終了モノです。(何れもペンタックス用)
 左が、「KENKO Pz-AF 1.5X TELEPLUS SHQ」という商品で、電源供給端子がついている(矢印の先)ので、HSMレンズもAFも使えます。
 150-500mmでもAFが使えます。
 たまぁに、阿呆みたいに安く(1,000円以下だったりすることも)ヤフオクに出ることもあるので、狙い目かも。

 右のはシグマの2xリアコンで、電源供給端子がない。
 親レンズが、後玉引っ込んでいるレンズじゃないと不可なので、使えるレンズが限定されます。

ペンタックス用テレコンバーター使用上の注意(2008.10.10)
https://www.sigma-photo.co.jp/new/2008/10/10/1302/

 あれ? 150-500mmが対応リストにないんだけど、なんでだ? 問題なく使えていると思うんだけど。(AFもレンズ側のブレ補正も不可だけど)
 150-500mmの発売が、リストが出た以降だからかな。(2008年12月発売)
 でも、150-500mmはHSMレンズだから駄目な筈か。(確かにExif情報は狂う)
 このテレコン、あっという間に生産終了してしまって、市場に出ている数は少ないと思うけど、そもそも需要も少ないよね。

 うわっ、すげー長い雑談になっちゃった。。。。。。そそくさ。

| 撮影&天体観察&顕微鏡 | 11:23 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES