うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
<< ロールケーキ | main | MistyII 追加でパーツが届いた >>
Win機用スピーカー、受難
スピーカー工作
スピーカーのマグネットに謎のワッシャーが貼り付いていて笑った

 Winマシン(Dell Inspiron 3470 i5-8400 GT1030)には、ELECOMのMS-P03UBKというスピーカーを繋げて使っていたのだが(2012年5月に949円で買った)、もう、随分前からRchから音が出なくなっていた。
 データ変換作業が主な用途だったので、気にしていなかったのだが、最近、またゲームをやるようになって、スピーカーを物色。

 アマゾンで、SADAとかいう中華モノを2,089円(税送込)で買ったんだど、これがもう酷いのなんのって、設計からして阿呆ちゃうか。
 故障レベルなので返品も考えたんだけど、それも面倒。
 音は出るんだけど、ケーブルをなんとかしないとノイズが酷すぎ。
 一番駄目なのが、音声ラインと電源ラインがくっついた状態で引き回されるところ。
 開けてみたところ、基板へも、5ピンのコネクタでささっている状態。せめて、電源ラインは離して入れろよな。

 Rchの音が出なくなったELECOMのスピーカーは、USB電源ラインと音声入力ケーブルが別体だったので、これを移植することにした。
 それぞれをぶった切って工作。
 5ピンのコネクタはそのままにして、裏側にハンダ付けした。
 結局のところ、ノイズ対策パーツを足すわけではないので、気休めが大半。

 テストして、衝撃的事実が判明。
 Rchが壊れたと思っていたELECOMのスピーカーは、ケーブルのRchが内部で断線していただけでした。
 せっかくケーブルを移植したのに、意味無し。
 むしろ、分解したELECOMスピーカーが勿体ない。そっちの方が、まともな回路設計だったし。

 仕方がないので、音声ラインは、もともとのヤツを流用。
 電源だけでも太くして離せば、気分が少しは落ち着く。(笑)

 ついでに、中にフェルトを貼って組み立て。
 これが、思いの外効きました。

 しかし。。。。使ったのは2日ほど。。。。

 結局、ヤフオクでCREATIVE D100(Macで使っているのと同じスピーカー)を1,000円(別途送料680円)で落札して、交換してしまいました。
 電源は、別の商品に入っていたUSB-DCケーブルを使い、ACアダプタレスに。

 やはり、信頼できる商品を買わないとイカンですな。(そう誓うの何度目だ!?)

D100
D100、いいよね

| 電子工作(単なる工作も) | 11:56 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES