うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
<< OSMO POCKET に ワイコン | main | Insta360 ONE R 新ファーム >>
3Dプリンターでルアー作り
自作ルアー

 としまえんでのプールフィッシングが、もしかしたら今年が最後かも知れない、てことで、情報集め。
 たまたま、3Dプリンターで作ったルアーでの大会の情報をみつけた。

3Dプリンターで作ったルアー限定の大会Vol.9
https://ameblo.jp/tfa-news/entry-12542116069.html

 盲点だった。
 3Dプリンターでルアー作るのって、面白そう。
 小学生の時、バルサでルアー作って、ナマズとか雷魚とか釣っていたもんな。

 いつものように、123D Designでモデリングしようとしたら、まともに動かなくなっていた。
 開発&サポート終了してから、随分たつもんなぁ。
 同じメーカーのFusion360を入れてみたんだけど(学生だから3年間は無料で使えるし)、高機能すぎて手に負えない。

 結局、使い慣れたBlenderのスカルプト機能を使い、モデリングしました。
 下の子(小6女児)も釣り大会に参加するってことで、ソフトの使い方を教えたら、数時間で2種類モデリングしてました。(マシンは古いMac mini)
 スカルプトって、手軽で良いね。
 こういうのを見ていると、モノ作りの方程式って、我々の時代とは全く違うってのを痛感します。
 ホームセンターで3Dプリンター出力できる店舗もあるし。(カインズホームの一部店舗等)

 Blenderからsti形式でエクスポートし、XYZwareに読ませて、3Dプリンター(DaVinci Jr.1.0)用のデータへ変換。

 出力されたルアーベースに、ミニドリルで穴開けてワイヤーを通してウエイト用のネジ締めてリングとフック付けて出来上がり。
 目玉は小ねじ。
 ウエイトもネジを埋め込んだだけです。
 小学6年生でもひとりで完成できました。

 釣れるといいなぁ。
 決戦は来週の土曜日(2/15)です。

 余談ですが、もんちゃん(猫)に、ルアーを一個(50cmの糸付き針なし)隠されちゃって見つかりません。
 釣れそうなヤツだったんだよなぁ。(逃した魚は大きいの法則)なんとか見つけないと。(笑)



| 電子工作(単なる工作も) | 17:28 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES