うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
<< 充電できるCR2 | main | ぽかぽか陽気の御散歩撮 >>
小さなノコギリ
ノコギリなど
新旧イロイロ

 遠い昔から(大げさ)、小さなノコギリを探していた。
 河原で小さな焚き火をしたり、離島旅でBioLiteCampStoveを使ったりするときに、小枝をノコノコすることが、良くある。
 今んとこ、ビクトリノックスのラージ・マルチツールに含まれるノコギリを使っているんだけど(刃渡り9cm)、刃が厚くて適材適所だとは言い難い。丈夫なのはいいんだけどね。
 薄い刃の小型ノコギリといえば、シルキーポケットボーイが定番で、刃渡り13cm。
 似た商品としては、SK11の商品もあるんだけど、それでも刃渡り12cm。
 OLFA製薄刃ノコギリとしては、クラフトのこ125Bというのがあるんだけど(タミヤからも同じの出てます)、畳めないんだよね。

 もっと小さくてもいいんだけどなぁと、長年躊躇していたら(一応ビクトリノックスで用は足りていたし)、遂に出ましたよ、ベストっぽい商品が。

 OLFAのFS1という商品で、刃渡り10.6cm。
 マジノコギリとしては貧弱に見えるけど、燃料用の小枝切りには十分じゃないかな。

 調べていくと、私が知らなかっただけで、もともと、同様の商品があったんだね。
 OLFA H型鋸 213Bという商品で、新発売のFS1と、機能的には全く同じと思われますが(刃渡り同じだし)、かなりお安いってことで、購入。

 これって、新たな名前を与えて営業をかけると売れてしまう、というアレなのか!?
 FS1と同時発売の「替刃式ブッシュクラフトナイフ BK1」だって、従来品「OLFA クラフトナイフL型 34B」と、ほぼ同じだもんね。(660円の替刃を買ったら、ほぼ同じになった)

 さらに調べると、高儀からも、似たような商品が出ていた。
 「高儀 HANDIWORK リサイクルWソー」という商品で、ノコギリで探していたので、今まで検索に引かかってこなかったようだ。
 「ソー」ってなんやねん。(笑)

 とはいえ、結局、見た目重視ってことで、OLFAのFS1も買ってしまつたのでありました。(笑)
 消耗品だしね。(って誰に言い訳してるんだか)



| 電子工作(単なる工作も) | 10:48 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES