うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
<< 放送大学は5年目へ継続だけど、Adobe製品からは卒業 | main | 御散歩撮とdarktable >>
PhotoshopからKRITAへ
KRITA

 Adobeを卒業してしまったので、ビデオ編集はDaVinci Resolve無料版、RAW現像はdarktable、フォトレタッチはKRITAで頑張ってます。
 DaVinci Resolveとdarktableについては、また後日解説するとして、今回は、Photoshopからkritaへ移行してのアレコレ。

 KRITA化して、まず驚くのが「ドラッグ&ドロップでファイルが開かない」こと。
 開きたいファイルのアイコンを重ねても、何の反応もない。
 アプリを起動してからファイルを開く必要があります。(どこかに設定あるのか?)

 さらに、「印刷メニューがない」ことで、途方に暮れたりもします。(大袈裟)

 PSDファイルが、レイヤー構造やレイヤーオプションを再現したまま開くのは有り難いです。
 ただし、テキストレイヤーもビットマップなレイヤーに変換されて開くので、文字の修正は出来ませんが。(レイヤースタイルの調整はできます)

 フリーのフォトレタッチソフトといえば圧倒的にGIMPで、KRITAの情報は、ほぼありませんが(最新の参考者が5年前くらいだもの)、お絵描きソフト扱いになっていることが多いからなのかな。(ベクター系に強いしね)

 慣れてきたので、キーッ!! となる場面は減りましたが、Photoshopが、いかに優秀だったかを実感。
 仕事で使うならフォトプラン契約しとけ、とか思いますね。(笑)



| 電化製品とパソコン関連 | 11:17 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES