うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
<< 非常食を寄付 | main | 防犯カメラをリアルカメラに >>
Rakuten Casa 導入
Rakuten Casa
デカイ、デカすぎるっ

 うちは、9/1から「楽天ひかり」になりました。
 家族4人とも、ガラケー利用がメインですが、データ通信用として、私がRakutenMiniを、オクサンが楽天UN-LIMIT契約のSIMを入れたUlefone Armor6Eを使っています。
 楽天エリア外なので、パートナー回線での利用なんだけどね。(月に5GBもあれば十分)

 Rakuten Casaは、小型基地局と呼ばれるもので、光回線に接続すると、それが基地局となって、該当するケータイが使えるようになる、というシロモノです。
 端末が、楽天エリア外でも、楽天エリア内のような挙動をしてくれるようになります。

 価格は3,000円ですが、後で3,000ポイント貰えますので、実質無料、という扱いになってます。
 そりゃそうですよね。ユーザー側にメリットがある事例が、殆どないですから。(楽天側にはメリットあるよね)

 必要なのは、楽天エリア外で日々暮らしていて、しかも、「公式に対応していると認められていない端末を使っている人」だけじゃないかな。
 つまりまぁ、うちのオクサンのような人。

 Armor6Eは、設定すれば、データ通信はいつでも使えるものの、通話については、「楽天回線を掴んでいる時にアクティベーションをしないと使えない」端末です。
 一度アクティベーションをすれば、パートナー回線下でも通話できるようになるのですが、アプリのバージョンアップとかがあって、再アクティベーションが必要になったとき、再び「楽天回線を掴む所」まで出向かないと、通話機能が復活しません。(端末の再起動程度では問題なし)

 これがもう、すげー面倒くさい。

 RakutenMiniは、パートナー回線下でも、問題なくアクティベーションできるんだけどね。

 オクサンも、通話はガラケーだから、Armor6Eでの挙動は問題ないんだけど、なんか、もやもやするよね。

 Rakuten Casaがあれば、解消するんじゃないかと、導入してみましたが、その点は、無事、解決しました。

 IPv6非対応だったので、IPv4へ戻す必要があり、その点は残念だけど。(IPv4だと夜間10Mを切るくらいまで速度が落ちる)
 と、いうか、IPv6非対応って、どこにも書いていない辺りが、すげー楽天クオリティ。
 楽天ひかりが、IPv6 DS-Lite対応のルーターを無料プレゼントして、IPv6を推奨しているんだから、IPv4で繋いでいるユーザーなんて稀だろうに。
 ネットには「サポートに連絡して判明した」というネタが溢れているといふ。。。。。。。

 あと、RakutenMiniも、楽天回線下での稼働になり、自宅でもデータ通信が無制限になりました。
 家で、モバイルルーターとしての挙動をテストすることも多いのですが(ライブ中継のテストとかね)、これからは、容量を気にせずテスト出来ます。

 てことで、電気代はかかるんだけど、導入は、まぁ、良かったかな。
 夜間の遅さに耐えられなくなって、外す気もするけどね。(3,000ポイント貰ってからだな・笑)

 WiFi機能は、Rakuten Casaの設定画面へ入って停止しておきましたとさ。

(2020.9.13追記)
 楽天から電話がかかってきて、「Casa導入についてのアンケートに御協力下さい」とのことだったので、長々と意見しておきました。
 IPv4にしか対応しないのに設置の説明書が不適切、だとか、初期パスワードについてだとか、つらつらと。
 それなりに知識がありそうな人だったので(外部委託の業者っぽかったけどね)、かなり突っ込んだことも言っておきました。
 SIMフリー機利用者以外の客にメリットない、とか、オープンソースプロジェクトのOpenWrtで動いているルーターだよね、とかとか。
 ついでに、「IPv6に対応しないなら、3,000ポイント貰ったら外す」と、表明しておきましたとさ。(笑)


| 電化製品とパソコン関連 | 10:16 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES