うららkaブログ版

自分の覚え書きみたいなものかねぇ
Insta360 ONE R 新ファームでMP4記録が可能に
v1.1.16
v1.1.16になりました

 旧ファームでも、MP4形式で録画することはできたのですが、そのままではDaVinciResolveで開くことはできず、Insta360 Studio 2020で変換する必要があった。(4Kモジュールでもね)
 Premiereだったら直接専用形式が開けるようだけどね。

 今回のファームアップで、拡張子もmp4となり、単純に様々なアプリで直接開けるようになりました。
 ただし、手ブレ補正の質は落ちるようです。

 私の場合、4Kモジュールを使う場合は(今んとこ使っていないけど)固定だろうから、MP4化大歓迎です。(ブレ補正したい時は360度モジュールを使います)

 今回のアップでも、ファイルの日付が日本時間にならず、そこはホント腹立たしいんだけどね。(アプリで地域設定させるのにねぇ)



| 電化製品とパソコン関連 | 11:47 | comments(0) | -
Insta360 ONE R用にBluetoothトランスミッターを買ってみた
Agedate BT-B10
Agedate BT-B10

 Bluetoothトランスミッターといえば、AUKEYのBT-C1を持っていたはずなのに、どこを探してもない。

Bluetoothトランスミッター(2017.10.6)
http://akirak.ipm.jp/?eid=1327815

 まぁ、そんなもんだよね。。。。。

 てことで、V5.0対応の送受信機を買ってみました。
 アマゾンで、3,320円(税送込)でした。

 目的は、Insta360 ONE Rのマイク対策。

 その前に、普通に使えるかテスト。
 いきなり笑う。
 日本語の取説が付属しているのだが、内容がちょーいいかげん。
 赤青ランプなんて、どこにもないから。(笑)

 まずは、受信機としてテストして、問題なく使えることがわかりました。特に音質の劣化とか感じなかったです。
 次に、送信機としてのテスト。
 が、まるで駄目。
 そもそも認識してくれない。
 Insta360はもちろん、各種スマホもタブレットも駄目。
 取説が信用できなくて、モードに入れているかも怪しい。
 そういえば、アマゾンのコメント欄にも、TXモードが使えないって書いてあったなぁ。(泣)

 でもって、何気なく、RXモード(受信モード)のままでInsta360 ONE Rと繋いでみたら、ペアリングできました。
 うーむ、Bluetoothの挙動は、よく判らん。

 ノイズが乗るけど、マイクの音声飛ばせているし。

 いやあ。まいったな。
 TXモードへ入れないってことで返品するつもりではいるんだけど、こういうの、どうなんだろうね。
 やれやれっす。。。。。。



| 電化製品とパソコン関連 | 18:21 | comments(0) | -
やっと晴れたよ御散歩撮
カルガモ
カルガモ

 お散歩日和なんだけど、人の出は少ない。
 鳥も少ない。
 虫も少ない。
 鳥にいたっては、殆ど見かけず。
 まさか、うつった、なんてことはないだろうに。
 ツバメを今年初めて見た、というトピックはあったんだけど、もちろん撮れず。

 冒頭を含めて、今日はG8+100-400mmの鳥撮セットから。(写真は全てRAWよりdarktable現像ノートリ)

スジグロシロチョウ
スジグロシロチョウ

CH-47J
CH-47J

B747
B747
 PolarAirCargoの機体はここでは初見だけど厚木関係なのかな

メジロ
メジロ

 以下は、GX7MK3+Laowa100mm2xマクロの虫撮セット。

ナミテントウ
ナミテントウ

ルリマルノミハムシ
ルリマルノミハムシ

ネコハエトリ
ネコハエトリ
 右に居る虫はなんだろう?

| 撮影&天体観察&顕微鏡 | 15:47 | comments(0) | -
Insta360 ONE Rにワイヤレスマイク
Insta360 ONE RとX2T
X2Tと繋がりました

 いやあ、試してみるもんだねぇ。
 AirPodsしか対応しないと思っていたのに(メニューにAirPodsと出ているからね)、手持ちのBluetoothイヤホン、X2Tで試したら、あっさりペアリングしました。
 安定度は低いし、ノイズが盛大で、この組み合わせでは実用度ゼロですが、明るい希望となりました。
 性能の良いBluetooth機器だったら良くなるかも知れませんし、今後のファームアップで、さらに良くなるかも知れません。
 これが良かった! とか、情報いただけたら有り難いです。
 私も、在庫で色々探ってみます。



| 撮影&天体観察&顕微鏡 | 12:14 | comments(0) | -
Insta360 ONE R 久々のテスト
Insta 360 ONE R
新ファームv1.1.10でH.264撮が可能に

 先日、編集ソフトがバージョンアップし、「Insta360 STUDIO 2020」になったんだけど、殆ど変化なしでした。
 今回は、本体ファームがアップし、大幅な機能アップが図られた模様です。
 詳しくは、他に譲るとして、ワタシ的注目は、360動画のH.264対応です。
 今までは、4KモジュールでしかH.264撮影はできませんでした。
 H.264撮影が可能になったことにより、発熱量が減り(最高でも60度以下)、バッテリーがなくなるまで撮影を続けることができるようになりました。
 と、いっても、30分で一旦止まって、ファイル処理をした後で再開するので(本体のみで撮影した場合)、30分撮ったあとで、30秒くらいの空白ができちゃうけどね。(再開後25分でバッテリー切れ自動停止)

 高画質よりも安定性ですよ。

 H.264撮影になったとはいえ、ファイルは独自形式なので、そのままでは使えず、Insta360 STUDIO 2020でスティチングして書き出す必要があります。
 書き出しの際に、ノイズリダクションと思われるオプション「AI Effects : Remove Grain(Night)」が選べるようになっていました。おそらく、ノイズリダクションだと思われます。ただし、出力に必要な時間がすげー伸びるけど、効果有りです。

 あと、待望の、Bluetoothマイク対応が実現したようです。
 Webのアップデート内容の所には書いてありませんが、AppleのAirPodsをマイクとして利用できるメニューが本体に追加されており、すでに、海外ユーザーがテストリポートをあげています。
 AirPodsのみの対応というのは事前情報通りで、私はAirPodsを持っていないので試せないのですが、手に入れられたらテストしてみたいです。

 余談ですが、マイクアダプタの出荷予定がさらに伸び、5月になるそうな。(号泣)



| 撮影&天体観察&顕微鏡 | 12:53 | comments(0) | -

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES